Campeonato Brasileiro Serie Aブラジル全国選手権 1部

副審が覆したオフサイド判定に対してフラメンゴ陣営が猛抗議

ブラジル全国選手権 第10節 バイーア 3-0 フラメンゴ
▲ 28分に先制点を決めたフェルナンドン(中央)
7月31日〜8月1日に行われたブラジル全国選手権の第10節。バイーア州の州都サウバドールで行われた「バイーア×フラメンゴ」は、バイーアが快勝した。

前半11分にコーナーキックからあわや先制の好機を作ったバイーアは、20分にはマジソンからのパスをフェルナンドンがシュートで相手ゴールに迫る。すると28分、エウデルのミドルシュートをGKフェリッピがファンブルしたところにフェルナンドンが詰めて、バイーアが先制した。

主導権を握って攻め続けたバイーアは、前半アディショナルタイムにゴールネットを揺らす。右サイドのフリーキックはGKフェリッピが跳ね返したが、セカンドボールをワリソンが左足のハーフボレーでゴールに突き刺した。だがフリーキックが蹴られた瞬間にハファエウ・ドナートがオフサイドポジションにいたため、フェリッピがボールを弾いた瞬間に副審はフラッグを上げていた。フラッグの上がったままワリソンのハーフボレーシュートが決まると、主審は副審に駆け寄って事実確認を取った。
▲ 前半終了直後、不可解な判定を巡って審判団に抗議したフラメンゴのマノ・メネーゼス監督(中央)
すると直後に主審はオフサイドを認めずバイーアの追加点を認めるジャッジを下し、副審は堂々とオフサイドフラッグを上げていたにも関わらず、自身のジャッジを覆したのである。副審によれば「オフサイドフラッグを上げたが、ハファエウ・ドナートはボールに直接関与していなかったためオフサイドではない」とのことだったが、ハファエウ・ドナートはフリーキックに対してヘディングを試みており“ボールに直接関与していなかった”が該当したとは認めがたい。一連の曖昧な判定にフラメンゴ陣営は激怒し、GKフェリッピを含めてほぼすべての選手が主審と副審に詰め寄って抗議したが、それでも判定は覆らなかった。

フラメンゴには69分にビッグチャンスがあった。味方のシュートのこぼれ球をマルセーロ・モレーノが右足で蹴ったが、GKロンバが手で弾いたボールはゴールポストに当たってしまった。

バイーアは76分にハウーの折り返したボールを、マルキーニョス・ガブリエウがゴールに蹴り込んで勝負を決した。

ブラジル全国選手権 2013 第10節 (2013/07/31)
バイーア 3-0 フラメンゴ
マルセーロ・ロンバ GK フェリッピ
マジソン
ハファエウ・ドナート
チッチ
ハウー
DF レオナルド・モウラ
ワラシ
マルコス・ゴンサーレス
ジョアン・パウロ
ファエウ
(ジオーニス)
ハファエウ・ミランダ
エウデル
マルキーニョス・ガブリエウ
MF ルイス・アントニオ
エリーアス
パウリーニョ
(ガブリエウ)
カルロス・エドゥアルド
(フェルナンジーニョ)
フェルナンドン
(ソウザ)
ワリソン
(アンデルソン・タリスカ)
FW アドリアン
(ブルニーニョ)
マルセーロ・モレーノ
フェルナンドン 28
ワリソン 45
マルキーニョス・ガブリエウ 76
ゴール
イエロー
カード
フェリッピ
クリストボン・ボルジェス 監督 マノ・メネーゼス
主審: エーベル・ホベルト・ロペス
会場: アレーナ・フォンチ・ノーバ (サウバドール)
2013.07.31

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。