Copa Libertadores 2016コパ・リベルタドーレス 2016

ミシェウ・バストスが感じた疑問 「ジャッジの判断基準を質問しただけなのに、なぜ退場?」

リベルタドーレスの準決勝2nd.Legで退場させられたミシェウ・バストスの試合後コメント
▲ チリ人主審のパトリシオ・ポリック氏に激しく詰め寄って抗議するサンパウロのイレブン
7月13日にコロンビアのメデジンで行われたコパ・リベルタドーレスの準決勝 2nd.Leg は、アトレティコ・ナシオナルが逆転勝利を収めた。この試合ではサンパウロにとって不利とも受け取れるジャッジが複数あったことから、主審らに猛抗議した選手3人にレッドカードが提示された。この件について、前線の左サイドで奮闘したミシェウ・バストスが試合後にコメントを残している。

この試合では、前半のアディショナルタイムに浮き球のパスでキーパーと1対1になったウジソンが、後方からダニエル・ボカネグラと双方の足が交錯。ウジソンはペナルティエリアで前のめりに転倒したが、主審はボカネグラのファウルを見逃しただけでなく、判定に抗議したリカルド・セントゥリオンにイエローカードを提示した。
その一方で、76分にアレハンドロ・ゲーラのクロスがカルリーニョスの手に当たったときには、主審は迷わずPKを指示した。以上のジャッジに一貫性がなく、サンパウロにとって不利ともとれるものであったことがサンパウロの選手たちに憤りをもたらした。退場者の一人となったミシェウ・バストスは、次のように述べている。

「私はレッドカードが自分に出されたことが理解できない。暴言を吐いたわけでもないしね。主審は、前半の終了直前には我々にPKを与えなかったのに、76分の場面ではカルリーニョスのハンドをとった。そんな主審の判断基準についてどういうことなのかを尋ねただけだったのに、なぜか私は退場させられた。その後ウェズレイにもレッドカードが出されたが、彼に『何か言ったのか』と聞くと『何も言ってないし、何もしていない』と話していた。敗退の最大要因はレフェリーだね」

サンパウロは現在、準決勝の2試合におけるジャッジについて CONMEBOL (南米サッカー連盟)に質問状を提出するか検討中とのこと。

2016.07.13

★コンメボル・リベルタドーレス2021のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第1弾はオリジナルデザインTシャツ 好評発売中!
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第1弾はオリジナルデザインTシャツ 好評発売中!
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。