CONMEBOL Libertadores 2020コンメボル・リベルタドーレス 2020

ラ・ボンボネーラにもいたサントスの2選手が翌日の検査でCOVID-19陽性 ボカの選手への影響は?

6日の「ボカ・ジュニオルス×サントス」に出場・帯同していたサントスの選手2名から試合後の検査でCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の陽性反応
▲ ラ・ボンボネーラのロッカールームで円陣を組むサントスのイレブン
6日にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われたコンメボル・リベルタドーレスの準決勝 1st.Leg 「ボカ・ジュニオルス×サントス」に関して、深刻な事実が判明した。試合後のPCR検査で、サントスの選手2名に陽性反応が出たという。

陽性反応が出たサントスの選手は、GKジョン・ビクトルとDFワギネル・レオナルドの二人で、前者はラ・ボンボネーラのピッチにスタメンでフル出場していた。当該の二名に陽性反応が出たタイミングは、試合後から24時間以内に行われた検査とのことで、他の選手からは陽性反応は出なかった。

このニュースが出ると、ボカ側は即時に反応。「ジョン・ビクトルとワギネル・レオナルドはウイルスを持った状態で試合に出たのか」、「もしそうなら、サントスは陽性の事実を知りながら二人を帯同させたのか」と質問状を送った。

▲ 試合中の一幕。ジョン・ビクトル(右)とフランコ・ソルダーノ(中央)とのフィジカルディスタンスは1m以内と至近距離だ
実は「ボカ vs サントス」では、ハーフタイムのロッカールームの様子を撮影した映像がネット上に出ていて、そこではGKジョン・ビクトルがチームメイトとともに肩を組んで円陣に参加している様子だけでなく、チームメイト一人一人とハグしている様子まで映されている。もちろん、出場中の選手であるためマスクはしていない。

そして試合中には、ボールをキャッチしたGKジョン・ビクトルの目の前までフランコ・ソルダーノが駆け寄った瞬間もあり、両者の口の距離は1mもなかった。もしこのときジョン・ビクトルの呼吸器からソルダーノの呼吸器に新型コロナウイルスが伝染したとなれば…。

サントスの選手団は8日の医療用チャーター機でブラジルへ帰った。だが、アルゼンチンでは陽性反応を示した者が国境を越えることを認めていないため、陽性の二人は帰国便に同情せずブエノスアイレスに残ることになった。なお、CONMEBOL(南米サッカー連盟)では、この件について対応を協議しているという。

ボカのミゲル・アンヘル・ルッソ監督は、この件について選手とスタッフの感染を強く懸念するとともに、サントス側の怠慢を厳しく非難している。

果たして、サントスでクラスターは発生しているのか。そして、ボカ・ジュニオルスの選手には感染しているのか。サントスは、次のような公式声明を出している。

----

サントスは、ジョン・ビクトルとワギネル・レオナルドがアルゼンチンを出国する際の検査でCOVID-19の陽性反応を示したことを報告します。当該の二名も、検査で陽性が出たのは試合の翌日(1月7日)でした。ブエノスアイレスへ向かう前にサンパウロのアルベルト・アインシュタイン病院でPCR検査を受けた際には、いずれも陰性でした。

この結果、必要な衛生プロトコルに従い、選手二人は選手団とともに帰国できませんでした。アルゼンチン政府は、検査で陽性反応を示した人々の渡航を許可していないため、当方の会長は二人をブラジルに帰国させるための交渉を開始しました。今後はアルゼンチン当局の衛生プロトコルに従いながら、陽性の二名を全面的に支援していきます。

2021.01.08

★コンメボル・リベルタドーレス2021のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。