Campeonato Brasileiro Serie A 2020ブラジル全国選手権 1部 2020

止まらないインテルナシオナウ 接戦を制して怒濤の9連勝 2位との勝ち点差は4以上をキープ

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第33節 インテルナシオナウ 2-1 レッドブル・ブラガンチーノ
▲ 57分に勝ち越しのPKを決めたエデニウソンは笑顔で控え選手の元に駆け寄る
1月31〜2月2日に各地で行われたカンピオナート・ブラジレイロの第33節。リオ・グランジ・ド・スウ州の州都ポルト・アレグレで行われた「インテルナシオナウ×レッドブル・ブラガンチーノ」は、インテルナシオナウが接戦を制した。

8連勝中と目下絶好調のインテルナシオナウは、開始直後の4分に先制。右サイドからのロングスローがペナルティエリアの左側へ転がり、パトリッキが左足でボレーシュートに及ぶと、キーパーが二度弾いたこぼれ球をパトリッキがバイシクルシュートでゴールネットに突き刺した。

レッドブル・ブラガンチーノは12分、チームの得点頭であるクラウジーニョがキーパーのファインセーブを誘うミドルシュートを放つと、15分にセットプレイから同点ゴールを創造。一旦クリアされたボールを拾って立て直し、前線へのフィードをモイゼスがクリアするもアルトゥールへのパスになってしまい、アルトゥールがシュート。キーパーが身を挺して阻んだものの、ルーズボールをエリーニョが左足でゴールに沈めて 1-1 とした。

レッドブル・ブラガンチーノは36分にもゴールネットを揺らしたが、シュートを打ったヒカルド・ヒレルが直前にハンドの反則をしていたためノーゴールに。1-1 でハーフタイムを迎えた。

後半、インテルナシオナウは52分に左サイドでパトリッキがクロスを上げると、ペナルティエリアにいたウェベルトンの右手に当たる。VARチェックをした主審はウェベルトンのハンドを取ると、このファウルで得たPKをキャプテンのエデニウソンが決めて勝ち越しに成功した。

レッドブル・ブラガンチーノは89分にクラウジーニョとのワンツーで中央を突破したハウーがキーパーと1対1になったが、ハウーのシュートはキーパーが身を挺して阻み追いつけなかった。

勝ったインテルナシオナウは怒濤の9連勝で、堂々の首位堅守。敗れたレッドブル・ブラガンチーノは13位に後退した。

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第33節 (2021/01/31)
インテルナシオナウ 2-1 レッドブル・ブラガンチーノ
マルセーロ・ロンバ GK クレイトン
ホジネイ
ルーカス・ヒベイロ
ビクトル・クエスタ
モイゼス
DF ウェベルトン
レオ・オルチス
リジェル
エジマール
(ウェベルソン)
ホドリーゴ・ドウラード
(ホドリーゴ・リンドーゾ)
エデニウソン
プラシェジス
(ジョニー)
カイオ
(マルコス・ギリェルミ)
パトリッキ
(レアンドロ・フェルナンデス)
MF ヒカルド・ヒレル
(ハミーリス)
ハウー
クラウジーニョ
イウリ・アウベルト
(アベル・エルナンデス)
FW アルトゥール
(トマス・クエーロ)
イターロ
(ジャン・カルロス・ウルタード)
エリーニョ
(ブルーノ・トゥバロン)
パトリッキ 04
(PK) エデニウソン 57
ゴール 15 エリーニョ
パトリッキ
プラシェジス
ホドリーゴ・ドウラード
イエロー
カード

アベウ・ブラーガ 監督 マウリシオ・バルビエーリ
主審: サビオ・ペレイラ・サンパイオ
会場: エスタジオ・ベイラ・リオ (ポルト・アレグレ)
2021.01.31

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。