Campeonato Paulista 2021カンピオナート・パウリスタ 2021

“クラシコ・マジェストーゾ”はサンパウロが終了間際に追いつき引き分け ともに準々決勝進出決定

カンピオナート・パウリスタ 2021 第10節 コリンチャンス 2-2 サンパウロ
▲ 腰を入れてボールが奪われるのを阻むブラジル代表DFミランダ(右)
5月1〜3日に行われたカンピオナート・パウリスタの第10節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われたクラシコ「コリンチャンス×サンパウロ」は、サンパウロが終了間際に追いついて引き分けに持ち込んだ。

“クラシコ・マジェストーゾ”と呼ばれる名門同士の対決。サンパウロは8分に右サイドでパスをつないで最終ラインの裏へボールを運ぶと、ビットル・ブエーノがシュートに持ち込むも判定はオフサイド。それでも14分、ブラジル代表DFミランダがコーナーキックに頭で合わせて先制した。

コリンチャンスは前半のうちに追いついた。40分、左サイドでの素早いスローインからハミーロがペナルティエリア付近でジャンピングボレーで折り返すと、ブラジル代表MFルアンがペナルティエリアの手前から右足ボレーでゴールネットに突き刺した。

後半、コリンチャンスは54分に決定機を演出したが、低いクロスに合わせたルアンのジャンピングボレーシュートはファーサイドへ流れてしまう。それでも84分に中盤でボールを持ったルアンがドリブルで前進してスルーパスを出すと、右サイドをオーバーラップしたブラジル代表DFファギネルがゴール前に折り返して、最後は途中出場のグスターボ・モスキートが左足でゴールに押し込み、逆転に成功した。

しかし試合はまだ終わらなかった。後半のアディショナルタイムの93分、イゴール・ビニシウスのロングフィードでペナルティエリアに入った元セレッソ大阪のパブロが、マークについていたジョアン・ビクトルに体を引っ張られて転倒。このファウルで得たPKをルシアーノが決めて、サンパウロが敗北を免れた。

この試合の主人公であるコリンチャンスとサンパウロは、ともにグループ首位通過を決めていて、残り1戦は消化試合となる。

カンピオナート・パウリスタ 2021 第10節 (2021/05/02)
コリンチャンス 2-2 サンパウロ
カッシオ GK チアゴ・ボウピ
ジョアン・ビクトル
ジェメルソン
ハウー・グスターボ
DF ロベール・アルボレーダ
ミランダ
レオ
ガブリエウ
ハミーロ
(ホニ)
ファギネル
ルアン
(マテウス・ビタウ)
ルーカス・ピトン
(ジウ)
MF ルアン
ホドリーゴ・ネストル
(リジエーロ)
イゴール・ビニシウス
イゴール・ゴメス
(ルシアーノ)
ウェリントン
ロムロ・オテーロ
(グスターボ・モスキート)
カウエ
FW アントニオ・ガレアーノ
(マルティン・ベニーテス)
ビットル・ブエーノ
(パブロ)
ルアン 40
グスターボ・モスキート 84
ゴール 14 ミランダ
90+5 ルシアーノ (PK)
ルアン
ハミーロ
ハウー・グスターボ
イエロー
カード
ルシアーノ
マルティン・ベニーテス
バギネル・マンシーニ 監督 エルナン・クレスポ
主審: フラービオ・ホドリゲス・ジ・ソウザ
会場: アレーナ・コリンチャンス (サンパウロ)
2021.05.02

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。