FIFA World Cup 2014FIFAワールドカップ 2014 ブラジル大会

コロンビア紙が報道 「日本はサンドバッグになっていた」

コロンビア国内の新聞が「日本vsコートジボワール」に関する記事を掲載
▲ 「日本vsコートジボワール」戦の模様を報じたコロンビア国内の各紙
先の「日本vsコートジボワール」戦はコロンビア国内でも報道された。コロンビアの全国紙「El Tiempo」が掲載した記事によると、まず勝ったコートジボワールを「グループにおける最大の敵となった」と評価。続けて「屈強でありながらスピードを兼ね備えているチーム。とりわけ10番のジェルビーニョはしばしば日本代表を困惑させていた」と称賛している。

そして後半途中から出場したドログバについても触れて、「スタンドからのスタンディングオベーションを背にしてピッチに登場しただけで、コートジボワールの雰囲気が良くなり、すぐに逆転した。コートジボワールにとっての厄除けとなった」と注目した。

一方、逆転負けを喫した日本代表については「90分を通して攻め込まれる時間帯が多すぎた。ボクシングで例えるなら、コートジボワールのサンドバッグになっていた。2つめの失点で川島はキャッチしようとしたのが裏目に出た。パンチングだったら失点を防げていたかもしれない」との見解を示している。

 コロンビアの首都ボゴタで発行されている週刊紙「El Espectador」では、「日本はエースの本田による華麗なゴールで先制したが、いつもの積極性がこの日は影を潜めた。コートジボワールは前半から執拗に攻め続けていたことで、後半の逆転につながった。我が国にとってコートジボワールは難敵となるだろう」と論じられた。どの媒体においても、コートジボワールへの評価と日本への厳しい批評が掲載されていた。

2014.06.16

【コンテンツページ】FIFAワールドカップ2022 カタール大会

【コンテンツページ】FIFAワールドカップ 2022 カタール大会 南米予選

藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第2弾もオリジナルデザインTシャツ 好評発売中!
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第2弾もオリジナルデザインTシャツ 好評発売中!
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。