CONMEBOL Sudamericana 2023コンメボル・スダメリカーナ 2023

開催時期:  2023年3月7日 〜 2023年10月28日
グループリーグ順位表  スダメリカーナ 2023
グループA     開幕前
順位 勝点 チーム
1 -
2 -
3 -
4 -
グループB     開幕前
順位 勝点 チーム
1 -
2 -
3 -
4 -
グループC     開幕前
順位 勝点 チーム
1 -
2 -
3 -
4 -
グループD     開幕前
順位 勝点 チーム
1 -
2 -
3 -
4 -
グループE     開幕前
順位 勝点 チーム
1 -
2 -
3 -
4 -
グループF     開幕前
順位 勝点 チーム
1 -
2 -
3 -
4 -
グループG     開幕前
順位 勝点 チーム
1 -
2 -
3 -
4 -
グループH     開幕前
順位 勝点 チーム
1 -
2 -
3 -
4 -
1位 : 決勝トーナメント進出
2位以下 : 敗退
試合結果  スダメリカーナ 2023 (1回戦
ホーム  (2nd.Legはアウェイ) アウェイ  (2nd.Legはホーム) 詳細
デポルティーボ・グアビラー 
(ボリビア)
  -  
-
オリエンテ・ペトロレーロ 
(ボリビア)
 
 
ブルーミン 
(ボリビア)
-
-
アトレティコ・パルマフロール 
(ボリビア)
 
 
コブレサル 
(チリ)
-
-
パレスティーノ 
(チリ)
 
 
アウダックス・イタリアーノ 
(チリ)
-
-
ウニベルシダー・カトリカ 
(チリ)
 
 
デポルテス・トリーマ 
(コロンビア)
-
-
アトレティコ・ジュニオール 
(コロンビア)
 
 
アギラス・ドラーダス 
(コロンビア)
-
-
インデペンディエンテ・サンタフェ 
(コロンビア)
 
 
リーガ・デ・キト 
(エクアドル)
-
-
デルフィンSC 
(エクアドル)
 
 
エメレック 
(エクアドル)
-
-
デポルティーボ・クエンカ 
(エクアドル)
 
 
グアラニー 
(パラグアイ)
-
-
スポルティーボ・アメリアーノ 
(パラグアイ)
 
 
タクアリーFC 
(パラグアイ)
-
-
ヘネラル・カバジェーロ 
(パラグアイ)
 
 
セサル・バジェーホ 
(ペルー)
-
-
デポルティーボ・ビナシオナル 
(ペルー)
 
 
ウニベルシターリオ・デポルテス 
(ペルー)
-
-
シエンシアーノ・デ・クスコ 
(ペルー)
 
 
デフェンソール・スポルティン 
(ウルグアイ)
-
-
ダヌービオ 
(ウルグアイ)
 
 
リーベル・プレート・モンテビデオ 
(ウルグアイ)
-
-
ペニャロール 
(ウルグアイ)
 
 
カラカスFC 
(ベネズエラ)
-
-
アカデミア・プエルト・カベージョ 
(ベネズエラ)
 
 
エストゥディアンテス・メリダ 
(ベネズエラ)
-
-
デポルティーボ・タチラ 
(ベネズエラ)
 
 
得点ランキング  スダメリカーナ 2023
順位 得点 選手名 所属チーム
1 -
1 -
1 -
ルール    コンメボル・スダメリカーナ 2023

2020年まではグループリーグ制ではなかったが、2023年にレギュレーションが大きく様変わり。まずはアルゼンチンとブラジルを除いた8ヵ国のクラブチームがホーム&アウェイ形式で同胞対決を行い、そこで勝ち上がったチームがブラジルとアルゼンチンのチーム、そしてリベルタドーレスからスライド参戦する4チームを含むグループリーグに臨む。グループリーグで首位を決めた8チームは、リベルタドーレスからスライド参戦する8チームを加えた16チームによる決勝トーナメントで頂点を目指す。アウェーゴール・ルールは今年から撤廃されたため、同点の場合は延長戦を行わず、PK戦で決着をつける。
2018年までは決勝を含め全試合ホーム・アンド・アウェー方式だったが、2019年からは決勝のみ中立地での一発勝負に変更された。
優勝したチームには、日本で開催される翌年の「JリーグYBCルヴァンカップ王者との一発勝負」への出場権が与えられる。

歴史    コンメボル・スダメリカーナ

スダメリカーナとは、スペイン語で Sudamericana と表記。この単語は、Sud (南) + Americana (アメリカ) の2つをミックスした造語であり、日本語に直訳すればコパ・スダメリカーナは「南米杯」の意味にとれる。その名が示すとおり同大会はその昔、長年「 コパ・コンメボル(CONMEBOL =南米サッカー連盟) 」という名称で毎年開催されていた。
長年続いたコパ・コンメボルは1999年を最後に解体、代わって南米大陸を南北に2分した形のカップ戦が始まる。これが、「コパ・メルコスール(スール=南という意味)」、「コパ・メルコノルテ(ノルテ=北という意味)」にあたる。だが、この中途半端な区分の大会は、わずか4年で消滅。これらを統合した形で、コパ・コンメボル形式として復活した南米大陸カップが「コパ・スダメリカーナ」となった。スダメリカーナそのものの歴史は2002年からで浅い。
南米唯一のポルトガル語圏であるブラジルでは、「コパ・スダメリカーナ」とは呼ばずにポルトガル語で表記。「コパ・スウ・アメリカーナ」と呼ばれている。この場合、単語はポルトガル語で、Sul (南) Americana (アメリカ) になる。

2023年のレギュレーション    コンメボル・スダメリカーナ
決勝トーナメント
2023年のコンメボル・スダメリカーナに出場する各国のクラブチーム (一覧)    コンメボル・スダメリカーナ
アルゼンチン  (6) ブラジル  (6) コロンビア  (4)
ヒムナシア・ラ・プラタ
デフェンサ・イ・フスティシア
ティグレ
ニューウェルス・オールドボーイス
エストゥディアンテス
サン・ロレンソ
サンパウロ
サントス
アメリカ・ミネイロ
ボタフォゴ
ゴイアス
レッドブル・ブラガンチーノ
デポルテス・トリーマ
アトレティコ・ジュニオール
インデペンディエンテ・サンタフェ
アギラス・ドラーダス
ボリビア  (4) パラグアイ  (4) エクアドル  (4)
アトレティコ・パルマフロール
オリエンテ・ペトロレーロ
ブルーミン
デポルティーボ・グアビラー
グアラニー
タクアリーFC
ヘネラル・カバジェーロ
スポルティーボ・アメリアーノ
リーガ・デ・キト
エメレック
デポルティーボ・クエンカ
デルフィンSC
チリ  (4) ペルー  (4) ウルグアイ  (4)
パレスティーノ
コブレサル
ウニベルシダー・カトリカ
アウダックス・イタリアーノ
ウニベルシターリオ・デポルテス
セサル・バジェーホ
シエンシアーノ・デ・クスコ
デポルティーボ・ビナシオナル
リーベル・プレート・モンテビデオ
ペニャロール
デフェンソール・スポルティン
ダヌービオ
ベネズエラ  (4)
デポルティーボ・タチラ
エストゥディアンテス・メリダ
カラカスFC
アカデミア・プエルト・カベージョ
アルゼンチン  (6) ヒムナシア・ラ・プラタ
デフェンサ・イ・フスティシア
ティグレ
ニューウェルス・オールドボーイス
エストゥディアンテス
サン・ロレンソ
ブラジル  (6) サンパウロ
サントス
アメリカ・ミネイロ
ボタフォゴ
ゴイアス
レッドブル・ブラガンチーノ
コロンビア  (4) デポルテス・トリーマ
アトレティコ・ジュニオール
インデペンディエンテ・サンタフェ
アギラス・ドラーダス
ボリビア  (4) アトレティコ・パルマフロール
オリエンテ・ペトロレーロ
ブルーミン
デポルティーボ・グアビラー
チリ  (4) パレスティーノ
コブレサル
ウニベルシダー・カトリカ
アウダックス・イタリアーノ
エクアドル  (4) リーガ・デ・キト
エメレック
デポルティーボ・クエンカ
デルフィンSC
パラグアイ  (4) グアラニー
タクアリーFC
ヘネラル・カバジェーロ
スポルティーボ・アメリアーノ
ペルー  (4) ウニベルシターリオ・デポルテス
セサル・バジェーホ
シエンシアーノ・デ・クスコ
デポルティーボ・ビナシオナル
ウルグアイ  (4) リーベル・プレート・モンテビデオ
ペニャロール
デフェンソール・スポルティン
ダヌービオ
ベネズエラ  (4) デポルティーボ・タチラ
エストゥディアンテス・メリダ
カラカスFC
アカデミア・プエルト・カベージョ
歴代優勝クラブ    コパ・スダメリカーナ
開催年 優勝クラブ
2002 サン・ロレンソ アルゼンチン
2003 シエンシアーノ・デ・クスコ ペルー
2004 ボカ・ジュニオルス アルゼンチン
2005 ボカ・ジュニオルス アルゼンチン
2006 パチューカ メキシコ
2007 アルセナル アルゼンチン
2008 インテルナシオナウ ブラジル
2009 リーガ・デ・キト エクアドル
2010 インデペンディエンテ アルゼンチン
2011 ウニベルシダー・デ・チレ チリ
2012 サンパウロ ブラジル
開催年 優勝クラブ
2013 ラヌース アルゼンチン
2014 リーベル・プレート アルゼンチン
2015 インデペンディエンテ・サンタフェ コロンビア
2016 シャペコエンセ ブラジル
2017 インデペンディエンテ アルゼンチン
2018 アトレチコ・パラナエンセ ブラジル
2019 インデペンディエンテ・デル・バージェ エクアドル
2020 デフェンサ・イ・フスティシア アルゼンチン
2021 アトレチコ・パラナエンセ ブラジル
2022 インデペンディエンテ・デル・バージェ エクアドル
藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第3弾はW杯仕様のプラシャツ 好評発売中!
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第3弾はW杯仕様のプラシャツ 好評発売中!
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。