FIFA World Cup 2022 EliminatóriasFIFAワールドカップ 2022 カタール大会 南米予選

欧州の強豪が今月中の代表招集を拒絶 ベストメンバーで戦えないことを理由に南米予選は延期へ

CONMEBOL(南米サッカー連盟)がワールドカップ南米予選の第5節と第6節の延期を決定
CONMEBOL(南米サッカー連盟)は6日、3月25〜26日と30日に南米各国で開催予定だったFIFAワールドカップ南米予選の第5節と第6節の延期を発表した。

CONMEBOLは次のような声明を出して、第5節と第6節の3月開催を断念した旨を明らかにしている。

「CONMEBOLの評議会は、3月に予定されているカタール2022大会の南米予選を一時停止すると決定した。理由は、欧州など国外のリーグでプレイする選手をタイムリーに招集できないため」

「CONMEBOLは、FIFA(国際サッカー連盟)と協議の上で、スケジュールの再調整を検討する。複数の案が挙がっていて、これから協議を進めていく」

ESPNの報道によれば、CONMEBOLのアレハンドロ・ドミンゲス会長の希望としては9〜10月に予定されている第9節〜第12節の前後に、延期の全試合を組むプランを想定しているとのことだが、具体的な日程は未定だ。

今回の決定に至った背景には、欧州各国リーグとの兼ね合いがある。南米の代表選手が欧州と南米を往来するにあたり、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染防止策として入国時に10日間の検疫を受けなければならない。つまりその間は選手がクラブチームに合流できないため、リーグ戦に悪影響が出ることを危惧した(とりわけイングランドのプレミアリーグとドイツのブンデスリーガの)クラブ側が、代表への貸し出しを拒絶するに至った。

以上を受けて、ブラジルやチリなどは「ベストメンバーで予選を戦えない」として南米予選の延期を希望。一方ではアルゼンチンやウルグアイなど合流可能な選手でスケジュール通り予選を戦おうと主張する国もあったが、延期派が過半数を占めたため延期となった。
2021.03.06

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。