CONMEBOL Libertadores 2022コンメボル・リベルタドーレス 2022

2022年の出場チームが出揃う パウメイラスは1974年のインデペンディエンテ以来となる3連覇を目指す

2022年のリベルタドーレス出場チームが出揃う
▲ 2022年の決勝戦はエクアドルのグアヤキルで開催予定
CONMEBOL(南米サッカー連盟)加盟10カ国のうち、唯一国内リーグが全日程を消化していないコロンビアで、リベルタドーレスの出場権を獲得した4チームが決まったことにより、2022年のリベルタドーレス出場チームが出揃った。

欧州におけるUEFAチャンピオンズリーグに相当するリベルタドーレスは、1960年から毎年開催されていて、2022年は62回目の開催となる。

アルゼンチンからは、過去にリベルタドーレスを優勝しているクラブチーム(リーベル・プレート、ボカ・ジュニオルス、ベレス・サルスフィエール、エストゥディアンテス)が参戦。他、ウルグアイ代表の監督候補にも名前が挙がった元ウルグアイ代表のアレハンデル・メディーナ監督率いるタジェーレスなども参戦する。

ブラジルからは、ディフェンディングチャンピオンのパウメイラスを初め、今年ブラジル国内で三冠(カンピオナート・ミネイロ、カンピオナート・ブラジレイロ、コパ・ド・ブラジウ)を達成したアトレチコ・ミネイロなどが参戦。ブラジル勢は直近3年のリベルタドーレス優勝を占めており、2022年も大会の主役となりそうだ。

パウメイラスには3連覇の期待もかかる。もし3連覇を達成すれば、1970年のエストゥディアンテス(アルゼンチン)、1974年のインデペンディエンテ(アルゼンチン)以来3チーム目の快挙となる。

なお、CONMEBOLが先日発表したとおり、2022年からはアウェイゴール・ルールが撤廃されるため、同点の場合は延長戦を行わず、PK戦での決着となる(※グループリーグはアウェイゴールの規定が元々ない)
2021.12.17

★コンメボル・リベルタドーレス2021のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第1弾はオリジナルデザインTシャツ 好評発売中!
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第1弾はオリジナルデザインTシャツ 好評発売中!
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。