Selección Nacional de Perúペルー代表

ボカからの接触にも動じなかったガレカ監督 締結中の契約を重視する理由は“信頼関係”と持論

ペルー代表のリカルド・ガレカ監督が明かしたボカ・ジュニオルスからのオファー
▲ 2015年3月からペルー代表を指揮しているリカルド・ガレカ監督(写真提供:AP)
ペルー代表を指揮しているリカルド・ガレカ監督に対し、ボカ・ジュニオルスから監督就任のオファーがあったことがわかった。ガレカ監督自身が明らかにした。

2015年3月からペルー代表監督に就任したガレカ氏には、これまでの約6年半の間にボカから接触があったと認めた。

「グスターボ・アルファーロ氏がボカの監督を辞任したとき(2019年12月頃)だね、ボカからアプローチがあったのは。だがそのときペルー代表と契約中の私は『今ある契約を尊重する』と回答し、それで私とボカとの対話は自動的に遮断されることになった」

ガレカ氏は、ボカからのオファーに限らず、締結中の契約を優先する立場だと説明。

「私は普段から、どの立場でも契約を尊重することにしている。いわゆる『電車は一度だけ通過する(チャンスはそのときにしか来ない)』という格言には賛同しないし、そうした姿勢は日和見主義になってしまう恐れもある。仕事で大切なのは信頼関係だ。信頼を失ってまで、損得勘定で決めるのは良くないというのが私の考えだ。そのときがタイミングでなかったのなら『またチャンスがあるかもしれない』と自分自身を信じることと、日頃の楽観思考なところも影響してるかもしれないがね。仕事をしていれば、良いときも悪いときも訪れる。そのときは(ボカのオファーを受け入れる)タイミングじゃなかったということだ」

ガレカ監督には、確固たる信念がある。そんな姿勢が、ペルー代表でも結果を出せている所以なのか。

◆ リカルド・ガレカ

本名:
リカルド・アルベルト・ガレカ・ナルディ
生年月日:
1958年2月10日生まれ(
出身:
アルゼンチン(ブエノスアイレス州タピアレス)
身長:
186cm
ポジション:
フォワード (現役時代)

アルゼンチンの名門ボカ・ジュニオルスで1978年にデビューして、1981年にはサルミエントでも活躍したが、1981年からはボカに戻ってディエゴ・マラドーナ氏らとともに活躍した。1985年にはボカの宿敵であるリーベル・プレートに移籍したが、すぐにコロンビアの名門アメリカ・デ・カリに移籍して長く活躍。1989年に31歳でベレス・サルスフィエールへ移籍し、1994年にインデペンディエンテで現役を引退した。監督としては1995年からスタートさせて、アルゼンチンのクラブチームを渡り歩き、2005年からは国外のチームも指揮。2009年からは選手時代の古巣ベレスを指揮し、2014年には少しだけパウメイラス(ブラジル)の監督も務めた。2015年からはペルー代表の監督を務めると、コパ・アメリカでは2015年3位、2016年5位、2019年決勝進出だけでなく、2018年にはペルー代表を36年ぶりのワールドカップ出場に導くなど手腕をいかんなく発揮。ペルー国民から熱烈な支持を受けているが、2022年のワールドカップ予選では大陸間プレイオフで敗れ、ペルー代表の監督を辞任することになった。

2021.12.04

★リーガ・プロフェシオナル 2022の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第2弾もオリジナルデザインTシャツ 好評発売中!
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第2弾もオリジナルデザインTシャツ 好評発売中!
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。