CONMEBOL Sudamericana 2023コンメボル・スダメリカーナ 2023

ロダジェーガが敵チームの選手とサポーターを非難 「猿呼ばわりすることはリスペクトの欠如だ」

コンメボル・スダメリカーナの試合中にインデペンディエンテ・サンタフェの選手らが人種差別発言の被害に遭う
▲ 試合後のインタビューで人種差別発言に触れて表情を曇らせた37歳の元コロンビア代表FWウーゴ・ロダジェーガ(右)(写真提供:EFE)
5月23日にアルゼンチンのラ・プラタで行われたコンメボル・リベルタドーレスのグループリーグ第4節「ヒムナシア・ラ・プラタ × インデペンディエンテ・サンタフェ」の試合中に、人種差別発言があった。

差別発言の被害に遭ったのはインデペンディエンテ・サンタフェの選手らで、加害者はヒムナシア・ラ・プラタのサポーターと選手たち。42分にウィルソン・ダビ・モレーロ(インデペンディエンテ・サンタフェ)の退場に至った選手同士の喧嘩で、ヒムナシアの一部の選手から「Mono(スペイン語で「猿」)」と罵られた。そしてその単語はスタンドからも聞こえてきたという。

37歳の元コロンビア代表FWウーゴ・ロダジェーガは試合後のインタビューで、人種と肌の色を侮辱する発言に対して強い憤りを示した。

「差別発言は、私一人でなく我々のチーム全員に向けられた。レッドカードで数的不利に陥ったこと以上に残念だったのは、人種差別発言があったことだ。彼らは怒りに身を任せて人種や肌の色を攻撃してくる。試合に敗れても傷つかないが、差別発言は深く傷つく。ボゴタで我々はヒムナシア・ラ・プラタのチーム御一行に敬意を払ったが、アルゼンチンでは我々はリスペクトされない」

「彼ら(ヒムナシア側)が猿呼ばわりしたり、黒人呼ばわりするのは失礼で悲しいことだ」

「まだまだ現代人は人間として向上していない。世界中でなくならない人種差別は災害だ。悲しいことだ…気分を害したから負けたとは思ってないが、人種差別問題にはほとほとうんざりしている」

◆ ウーゴ・ロダジェーガ

本名:
ウーゴ・ロダジェーガ・マルティネス
生年月日:
1985年7月25日生まれ(
出身:
コロンビア(カンデラリア)
身長:
181cm
ポジション:
フォワード

2004年に19歳でデポルテス・キンディオの下部組織からトップチームに昇格すると、翌2005年にデポルティーボ・カリに加入。2006年からはメキシコやイングランド、トルコのクラブチームを渡り歩いて活躍し、2021年からは2年間バイーア(ブラジル)にも所属した。2023年、約17年ぶりに母国のクラブ(インデペンディエンテ・サンタフェ)に帰ってきた。代表ではU-20時代に2005年のU-20南米選手権に出場し、11ゴールを決めて得点王に輝き優勝にも貢献。以降はA代表でも活躍したが、2011年を最後にコロンビア代表からは招集されていない。

2023.05.23

★コンメボル・スダメリカーナ 2023 の試合結果などはこちら。

【PR】マラドーナについて知っておくべき興味深い事実
藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
DO YOU SPEAK FOOTBALL? 世界のフットボール表現事典 世界中のサッカーにまつわる面白単語を一部紹介!
DO YOU SPEAK FOOTBALL? 世界のフットボール表現事典 世界中のサッカーにまつわる面白単語を一部紹介!
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第3弾はW杯仕様のプラシャツ 好評発売中!
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第3弾はW杯仕様のプラシャツ 好評発売中!
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@goleador_jpn)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。