Football Newsその他のニュース

早ければ2023年にもトヨタカップが「インターコンチネンタル・スーパーカップ」として復活か?

「インターコンチネンタル・スーパーカップ」の実現に向けてUEFAとCONMEBOLがロンドンに合同事務所を開設
▲ 1980年から2004年まで日本で開催されていたトヨタカップ
かつて日本で開催されていたトヨタカップが、2023年にも復活するかもしれないという。UEFAチャンピオンズリーグ王者とリベルタドーレス王者による大陸間対決で、まさに“トヨタカップ”さながらだ。

「欧州 vs 南米」の優勝クラブチーム対決構想は、トヨタカップが消滅して以降も浮かんでは消えてきた。2017年5月にはCONMEBOL(南米サッカー連盟)からの提案で『インターコンチネンタルカップ』の新設も計画されたが、現在施行されているスケジュールとの兼ね合いで具現化しないまま立ち消えとなった経緯もある。しかし、CONMEBOLとUEFA(欧州サッカー連盟)はともにあきらめていなかったようで、4年前の構想をさらに詰めているという。10月下旬には、大陸間試合の実現を目指してUEFAとCONMEBOLの合同事務所がロンドンに開設されたばかりで、構想は少しずつ前進している。

ブラジルのポータルサイト「UOL」に寄稿しているブラジル人コラムニストのマルセウ・ヒッゾ氏が明らかにしたところによれば、前述のトヨタカップ形式(UEFAチャンピオンズリーグ王者とリベルタドーレス王者による大陸間対決)だけでなく、女子サッカーのUEFAチャンピオンズリーグ王者とリベルタドーレス王者による大陸間対決のほか、UEFAヨーロッパリーグ王者とスダメリカーナ王者による大陸間対決といったプランも挙がっているとしている。その足がかりも兼ねて、2022年6月に予定されているのが国際親善試合「EURO王者(イタリア) vs コパ・アメリカ王者(アルゼンチン)」である。

大会名称は「インターコンチネンタル・スーパーカップ(仮)」で、開催国の候補はカタールが有力とのこと。2022年はFIFAワールドカップが11〜12月に開催されるため、最速で実現可能な年が2023年という見方だ。

以上の構想を実現する上での、最大の障害はカレンダー。FIFA(国際サッカー連盟)が今年に入りワールドカップの隔年開催案を出して物議を醸していて、UEFAとCONMEBOLがワールドカップの隔年開催に反対している理由のひとつに、「インターコンチネンタル・スーパーカップ」の開催実現がある。

ロンドンに合同事務所まで開設して、かつてのトヨタカップ復活に向けて本腰を入れ始めたUEFAとCONMEBOLの構想は、今後どのようになっていくのか。
2021.11.05

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第1弾はオリジナルデザインTシャツ 好評発売中!
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第1弾はオリジナルデザインTシャツ 好評発売中!
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。