CONMEBOL Libertadores 2021コンメボル・リベルタドーレス 2021

VARで認められた相手のハンドとPK 前回王者のパウメイラスが1点差を守りきって先勝

コンメボル・リベルタドーレス 2021 決勝トーナメント1回戦 1st.Leg ウニベルシダー・カトリカ 0-1 パウメイラス
▲ 41分にPKを決めたハファエウ・ベイガ(右から3人目)を抱擁で祝福するパウメイラスのイレブン (写真提供:AP)
7月13〜15日に行われたコンメボル・リベルタドーレスの決勝トーナメント1回戦 1st.Leg 。チリの首都サンティアゴで行われた「ウニベルシダー・カトリカ × パウメイラス」は、PKでの1点を守りきったパウメイラスが敵地で先勝した。

パウメイラスは12分にゼ・ハファエウが相手のチャージで鼻から大量に出血し、一旦ピッチを離れるアクシデントに見舞われる。対するウニベルシダー・カトリカは15分にコーナーキックから決定機を演出し、31分にはゴンサーロ・タピアが、33分にはカウンターからフェルナンド・サンペドリが左足でシュートに及び優位に試合を進めていた。

パウメイラスは36分、コーナーキックのこぼれ球を拾ったデイベルソンが左足で折り返すと、ボールはヘルマン・ラナーロの右手を直撃。VARのオンフィールドレビューでラナーロのハンドを確認した主審は、パウメイラスにPKを与え、このPKをハファエウ・ベイガが決めて先制した。

ウニベルシダー・カトリカは前半のアディショナルタイムにセットプレイを得たが、フェリペ・グティエレスが左足で打った直接フリーキックはポストを直撃し、セカンドボールに反応したディエゴ・バレンシアのヘディングシュートは、ゼ・ハファエウが頭で上に弾き出した。

後半、ウニベルシダー・カトリカは71分に中盤からのフィードで最終ラインの裏へ駆け込んだディエゴ・バレンシアが、トラップしたボールを左足でシュートに持ち込んだが、距離を詰めたキーパーが身を挺してゴールを死守。77分にはコーナーキックで決定的な場面を作り出したが、ディエゴ・バレンシアがゴールエリアで飛び上がるもボールは右足に合わずファーサイドへ流れ、ガラ空きのゴールにボールを押し込めなかった。

2nd.Leg は7月21日に、ブラジルのサンパウロで行われる。

コンメボル・リベルタドーレス 2021 決勝トーナメント1回戦 1st.Leg (2021/07/14)
ウニベルシダー・カトリカ
(チリ)
0-1 パウメイラス
(ブラジル)
セバスティアン・ペレス GK ウェベルトン
ライムンド・レボレード
ヘルマン・ラナーロ
バルベル・ウエルタ
アルフォンソ・パロ
DF マルコス・ホッシャ
ベンハミン・クセビッチ
グスターボ・ゴメス
マティアス・ビニャ
(ビクトル・ルイス)
イグナシオ・サーベドラ
(ホセ・フエンサリーダ)
ファン・レイバ
フェリペ・グティエレス
(フランシスコ・シルバ)
MF ダニーロ
ゼ・ハファエウ
ハファエウ・ベイガ
(パトリッキ・ジ・パウラ)
グスターボ・スカルパ
(ドゥドゥ)
ブレーノ・ロペス
(ウェズレイ)
ゴンサーロ・タピア
(エドソン・プッチ)
フェルナンド・サンペドリ
ディエゴ・バレンシア
FW デイベルソン
(ウィリアン)
ゴール 41 ハファエウ・ベイガ (PK)
フェルナンド・サンペドリ
アルフォンソ・パロ
ヘルマン・ラナーロ
イエロー
カード
マルコス・ホッシャ
マティアス・ビニャ
ウェズレイ
グスターボ・ポジェ 監督 アベル・フェレイラ
主審: アンドレス・マトンテ (ウルグアイ)
会場: エスタディオ・サン・カルロス・デ・アポキンド (サンティアゴ)
2021.07.14

★コンメボル・リベルタドーレス2021のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。