CONMEBOL Libertadores 2021コンメボル・リベルタドーレス 2021

ディフェンディングチャンピオンの貫禄勝ち 点差以上の内容で勝ったパウメイラスが4年連続のベスト8

コンメボル・リベルタドーレス 2021 決勝トーナメント1回戦 2nd.Leg パウメイラス 1-0 ウニベルシダー・カトリカ
▲ 35分にこの試合唯一のゴールを決めたマルコス・ホッシャ(写真提供:Gazeta Press)
7月20〜22日に行われたコンメボル・リベルタドーレスの決勝トーナメント1回戦 2nd.Leg 。ブラジルのサンパウロで行われた「パウメイラス × ウニベルシダー・カトリカ」は、パウメイラスが接戦を制した。

13分のセットプレイから立て続けにチャンスメイクしたパウメイラスは、16分にはデイベルソンがクロスバー直撃のジャンピングボレーシュートを披露。18分にはロングフィードでキーパーと1対1になったウェズレイがシュートに及ぶと、直後の19分にはコーナーキックに合わせたデイベルソンのヘディングシュートがキーパーのファインセーブを誘って相手を防戦一方に追いやった。

すると35分、ウェズレイのクロスにハファエウ・ベイガが左足ボレーで合わせると、ポストに当たって生まれたセカンドボールをマルコス・ホッシャが右足でゴールに流し込んで、パウメイラスが先制した。

後半もパウメイラスのペースで進み、53分にはマルコス・ホッシャのクロスでファーサイドからペナルティエリアへ駆け込んだヘナンが左足でポスト直撃のボレーシュートを披露。一方、2点差を追いつかなければならないウニベルシダー・カトリカは、55分に3人を一挙交代させたが試合の流れを変えるまでには至らなかった。

パウメイラスはその後も決定的な場面を作り出す。78分にはペナルティエリアに入ったドゥドゥが右足の裏で後方に下げて、遅れて上がってきたデイベルソンが左足でシュート。相手に足で阻まれたが、絶好機を演出した。

勝ち上がりを決めたパウメイラスは、準々決勝でサンパウロと対戦することになった。

コンメボル・リベルタドーレス 2021 決勝トーナメント1回戦 2nd.Leg (2021/07/21)
パウメイラス
(ブラジル)
1-0 ウニベルシダー・カトリカ
(チリ)
ウェベルトン GK セバスティアン・ペレス
マルコス・ホッシャ
(マイキ)
フェリッピ・メロ
(ベンハミン・クセビッチ)
グスターボ・ゴメス
ヘナン
DF ライムンド・レボレード
(トマス・アスタ=ブルアーガ)
ヘルマン・ラナーロ
バルベール・ウエルタ
アルフォンソ・パロ
(クレメンテ・モンテス)
ダニーロ
ゼ・ハファエウ
グスターボ・スカルパ
MF イグナシオ・サーベドラ
(フランシスコ・シルバ)
フェリペ・グティエレス
(ディエゴ・ブオナノッテ)
ファン・レイバ
(マルセリーノ・ヌニェス)
ハファエウ・ベイガ
(ドゥドゥ)
デイベルソン
(ガブリエウ・ベロン)
ウェズレイ
(ブレーノ・ロペス)
FW オセ・フエンサリーダ
フェルナンド・サンペドリ
ディエゴ・バレンシア
マルコス・ホッシャ 35 ゴール
マルコス・ホッシャ
フェリッピ・メロ
ドゥドゥ
ヘナン
ウェベルトン
イエロー
カード
アルフォンソ・パロ
フェルナンド・サンペドリ
アベル・フェレイラ 監督 グスターボ・ポジェ
主審: アレクシス・エレーラ (ベネズエラ)
会場: アリアンツ・パルキ (サンパウロ)
2021.07.21

★コンメボル・リベルタドーレス2021のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。