Campeonato Paulista 2021カンピオナート・パウリスタ 2021

変異種の感染拡大でロックダウンとなったサンパウロ州 同州の選手権は15日から30日まで2週間中断

サンパウロ州政府の決定によりカンピオナート・パウリスタは3月15日から30日まで2週間中断
▲ サンパウロ州のロックダウンにより、カンピオナート・パウリスタは3月15日から2週間中断が決まった
ブラジルのサンパウロ州は11日、カンピオナート・パウリスタを含むすべてのスポーツを3月15日から30日まで2週間中断させると発表した。

ブラジルではCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の変異種が爆発的な感染を引き起こしていて、サンパウロ州では6日からロックダウンを開始。20時から翌朝5時まで外出禁止令が発令されるなど、深刻な事態に陥っている。10日時点でサンパウロ州のICU占有率は83%と医療体制も逼迫しており、18日には感染症対策の一環として、今年の祝日残り2日と翌年の祝日3日の計5日間を前倒しさせて26日から10連休を実施する措置を決定。混乱に歯止めが掛かっていない。

今回のスポーツ活動停止措置に対し、FPF(サンパウロサッカー連盟)は当初反対を表明していたが、州の夜間外出禁止令により18時キックオフの試合でさえも開催不可能となったため、州の決定に同意することとなった。州選手権中断の決定は、同州の検察庁からの要請によるものだった。

この決定は、州選手権以外の公式戦にも大きな影響を及ぼす。ブラジルの国内カップ戦であるコパ・ド・ブラジウは、サンパウロ州で行われる試合については別の州での代替開催をするようCBF(ブラジルサッカー連盟)からの通知が出た。そしてリベルタドーレス、スダメリカーナの試合については、サンパウロ州以外の州での開催を検討し、ほかの州でも不可能な場合はブラジル以外の国での代替開催をする方向で、CONMEBOL(南米サッカー連盟)が調整に入ったとも報じられている。

振り返れば昨年は、パンデミックで3月16日に中断した州選手権は、結局再開まで4ヵ月以上の月日を要し7月22日まで開催ができなかった。今年の中断措置はひとまず2週間と発表されたが、果たして3月31日以降は問題なく公式戦を実施できるのか。先行きの不透明感は否めない。
2021.03.19

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。