CONMEBOL Libertadores 2022コンメボル・リベルタドーレス 2022

3連覇の夢を絶たれた原因は誰にある? 16歳の新星エンドリッキを起用しなかった監督への批判噴出

リベルタドーレス3連覇の夢が潰えたパウメイラスのアベル・フェレイラ監督のまつわるエトセトラ
▲ パウメイラスを率いてリベルタドーレス3連覇を目指したポルトガル人のアベル・フェレイラ監督(写真提供:Lance!)
9月6日にブラジルのサンパウロで行われたコンメボル・リベルタドーレスの準決勝 2nd.Leg 「パウメイラス vs アトレチコ・パラナエンセ」で、勝ちきれなかったパウメイラスは3年連続の決勝進出を果たせなかった。王者の敗退に際し、同日の試合の前後にはポルトガル人のアベル・フェレイラ監督の周辺が騒がしくなった。

◇ ◇ 監督の方針に否定的なサポーターが「頑固」と批判 ◇ ◇

試合前の報道では、アベル・フェレイラ監督は出場停止中の21歳MFダニーロの代役として、25歳のコロンビア代表MFエドゥアール・アトゥエスタをスタメン起用するのではとの憶測が流れた。するとパウメイレンセ(パウメイラスのサポーター)の間では、この起用法に否定的な意見が多かった。(結局、同監督はガブリエウ・メニーノをスタメン起用して、アトゥエスタは途中出場で起用した)

パウメイレンセの多くは、16歳の新星FWエンドリッキをリベルタドーレスの準決勝で観たがっていた。首都ブラジリア出身の16歳で、近年はユースでの活躍が注目を浴びており、「16歳でもトップチームでどんどん起用すべき」と主張する声も少なくない。しかし、アベル・フェレイラ監督は6日のリベルタドーレスで16歳のエンドリッキをベンチ入りもさせなかった。こうした決定、そして準決勝での敗退が決まるや否や、一部のサポーターは「頑固」と同監督を非難した。

◇ ◇ 準決勝敗退を受けてポルトガル人監督が向けた批判の矛先 ◇ ◇

アベル・フェレイラ監督は、パウメイラスがベスト4で大会を去ることになった原因を主審だと断罪した。6日の試合でも主審の判定基準が曖昧だと述べて、「我々は“第三者”の過失が原因で決勝に進めなかった。本来は敗退に値しなかった」と不満をあらわにした。前半のアディショナルタイムにムリーロへのレッドカードが出された場面などにも言及したコメントとみられる。

しかし、同監督のこうした主張に対しては、内外から批判の声も挙がっている。

◆ アベル・フェレイラ

本名:
アベル・フェルナンド・モレイラ・フェレイラ
生年月日:
1978年12月22日生まれ(
出身:
ポルトガル(ペナフィエル)
身長:
178cm
ポジション:
右サイドバック(現役時代)

1997年に18歳で地元ペナフィエルの下部組織からトップチームに昇格し、2000年にはビトーリア・デ・ギマリャエスに移籍。2004年にはブラガに移り、2006年からは名門スポルティングに移籍した。現役時代にポルトガル代表のキャリアはない。2011年に32歳で現役引退し、2013年からスポルティングのBチームで監督業を始めた。古巣ブラガでもBチームを指揮すると、2015年には始めてブラガでトップチームを率いた。2019年にはPAOK(ギリシャ)でも監督を務め、2020年10月にパウメイラス(ブラジル)がバンデルレイ・ルシェンブルゴ監督を解任後に出したオファーを受け入れ、同年のコパ・ド・ブラジウとリベルタドーレスの二冠を達成した。

2022.09.07
藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第2弾もオリジナルデザインTシャツ 好評発売中!
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第2弾もオリジナルデザインTシャツ 好評発売中!
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。