Copa Libertadores コパ・リベルタドーレス

頂上決戦の初戦 終了間際に追加点を奪ったオリンピアが優勝へ前進

コパ・リベルタドーレス 決勝 1st.Leg オリンピア 2-0 アトレチコ・ミネイロ
▲ 6分にジエゴ・タルデッリがゴールネットを揺らすボレーシュートを打った場面。判定はオフサイドだった
7月17日に行われたコパ・リベルタドーレスの決勝 1st.Leg。パラグアイの首都アスンシオンで行われた「オリンピア×アトレチコ・ミネイロ」は、2点差をつけてオリンピアが勝利。リベルタドーレスの優勝へ大きく前進した。

中盤でのボールの奪い合いで幕を開けた試合は、前半3分に空中でボールを競った際にジョズエと接触したピエーヒが額を切って担架で運ばれる一幕もあった。応急処置を受けてピエーヒがピッチに戻ると、アトレチコ・ミネイロは6分に最終ラインの裏に抜け出したジエゴ・タルデッリがゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定によりこのゴールは無効となった。
スピーディーなパスワークで攻め込むアトレチコ・ミネイロに対し、オリンピアは緩急をつけたボール回しで慎重に攻撃を組み立てた。

▲ 23分に先制のゴールを決めてユニフォームを脱いだアレハンドロ・シルバ(左)は、この直後にイエローカードをもらった
優位に試合を運んだアトレチコ・ミネイロは、20分にマルコス・ホッシャのロングパスでペナルティエリアまで駆け上がったジエゴ・タルデッリが右足でシュートを放ったが、ボールはサイドネットを揺らしてゴールを奪えない。
するとオリンピアが23分に先制のゴールを奪った。右サイドからドリブルで中央へ切れ込んだアレハンドロ・シルバがペナルティアークで左足を振り抜くと、ボールはゴールポストに当たってゴールに入った。

先制を許したアトレチコ・ミネイロは、27分にホナウジーニョ・ガウーショのフリーキックからコーナーキックを得たが、コーナースポットへ向かったホナウジーニョに対してスタンドから投石があったのを受けてホナウジーニョが激怒。投げられた石を両手に持って主審に抗議し、アランダがスタンドに向かって非紳士的な行為を控えるよう諭す場面が見られた。

▲ ジエゴ・タルデッリはキレのある動きで何度も相手ゴールを脅かしたが、GKシルバの好守もあって得点を奪えなかった
オリンピアは36分にサルゲイロのシュートが相手に当たってコースが変わり、ゴールポストをかすめる惜しいシーンを演出。39分にはセットプレイからバレイロが頭であわせて相手ゴールを脅かした。
一方、アトレチコ・ミネイロは攻撃の組み立てに苦労し、クッカ監督がピッチサイドで声を張り上げて指示を出すシーンが目立った。
前半の立ち上がりはアトレチコ・ミネイロに流れが傾いていたが、オリンピアは先制点を得てから主導権を掌握し、リードを守って最初の45分を終了した。

エンドの替わった後半、アトレチコ・ミネイロは48分に細かいパスワークでボールをつなぐと、スルーパスで裏へ飛び出したジエゴ・タルデッリが右足を振り抜いた。シュートは枠にも飛ばず、ファーサイドにいたホナウジーニョにも合わずゴールには至らなかったが、アトレチコ・ミネイロは同点を目指して積極的な攻撃をみせた。56分には前線でくさびになったルアンから、ジョがミドルシュートを放つ場面もあった。

▲ オリンピアの徹底した守備もあって持ち味を発揮しきれなかったホナウジーニョ・ガウーショ(中央)
中盤でボールを失う淡泊な攻撃が続くと、クッカ監督は64分にホジネイを投入。さらにその1分後にはホナウジーニョ・ガウーショを下げてギリェルミを投入し、攻撃陣をテコ入れした。しかしアトレチコ・ミネイロは相手の守備を崩しきれず、逆にオリンピアがカウンターやコーナーキックでチャンスメイク。オリンピアが優位に試合を運んでいった。

アトレチコ・ミネイロは77分に、ギリェルミのパスをゴール前でトラップしたジョがボレーシュートを放つも、GKシルバが左足でゴールを死守。この直後にジョはベンチに下がり、アトレチコ・ミネイロは3人の交代枠をすべて使い切った。

オリンピアは82分にビッグチャンスを演出。右サイドで速攻をしかけて相手の最終ラインを崩すと、ピットーニがペナルティエリアの右側に到達。ピットーニは飛び出したGKビクトルを引きつけると、中央でフリーになっていたフェレイラにパスを出した。フェレイラのシュートはレオナルド・シウバが体を張って阻んだものの、こぼれ球がサルゲイロの足元へ転がった。サルゲイロは無人のゴールへ押し込むだけだったが、無情にもシュートはゴールポストの左に逸れてしまい、オリンピアは追加点を得る絶好機を逃した。

▲ 77分に訪れた決定機で渾身のボレーシュートを阻まれ、天を仰いで悔しがるジョ
アトレチコ・ミネイロは終盤攻勢に転じたが、相手のカウンターを阻もうとしたヒシャリソンが2枚目のイエローカードを受けて退場。一人少なくなり、守勢にならざるをえなくなった。

膠着状態が続いた試合は、試合終了間際に大きく動いた。ペナルティエリアの手前でフリーキックを得たオリンピアは、ピットーニが右足で壁を越すボールを蹴った。シュートではなく、ゴールへ向かって飛び出した味方へのクロスではあったが、これがクロスバーの下に当たってゴールネットを揺らした。GKビクトルは手でボールを弾き返そうとしたが、壁から離れて一人で下がってきたアレキサンドロが邪魔になってセーブできなかった。

この結果、ホームで 2-0 と勝利を収めたオリンピアがリベルタドーレス優勝に向けて大きく前進。一方敗れたアトレチコ・ミネイロは準決勝の 2nd.Leg と同様に、2点以上を奪わなければならない苦しい立場に立たされた。
次の 2nd.Leg は7月24日(日本時間では7月25日)、ベロ・オリゾンチのエスタジオ・ド・ミネイロンで行われる予定となっている。

コパ・リベルタドーレス 決勝 1st.Leg (2013/07/17)
オリンピア
(パラグアイ)
2-0 アトレチコ・ミネイロ
(ブラジル)
マルティン・シルバ GK ビクトル
フリオ・マンスール
エルミニオ・ミランダ
サルスティアーノ・カンディア
DF マルコス・ホッシャ
レオナルド・シウバ
ヘーベル
ヒシャリソン
ネルソン・ベニーテス
エドゥアルド・アランダ
ウィルソン・ピットーニ
マティアス・ヒメーネス
(ファン・カルロス・フェレイラ)
アレハンドロ・シルバ
MF ピエーヒ
ジョズエ
ルアン
(ホジネイ)
ホナウジーニョ・ガウーショ
(ギリェルミ)
ファン・マヌエル・サルゲイロ
(カルロス・パレーデス)
フレディ・ホセ・バレイロ
(エンソ・プローノ)
FW ジョ
(アレキサンドロ)
ジエゴ・タルデッリ
アレハンドロ・シルバ 23
ウィルソン・ピットーニ 93
ゴール
マティアス・ヒメーネス
エルミニオ・ミランダ
アレハンドロ・シルバ
イエロー
カード
ジョズエ
ヒシャリソン
マルコス・ホッシャ
レッド
カード
ヒシャリソン
エーベル・ウーゴ・アルメイダ 監督 クッカ
主審: ネストル・ピターナ (アルゼンチン)
会場: エスタディオ・デフェンソーレス・デル・チャコ (アスンシオン)
2013.07.17

★コンメボル・リベルタドーレス2021のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。