Copa Libertadores コパ・リベルタドーレス

CONMEBOLが調査結果を発表 インチャの危険行為でオリンピアに罰則も

リベルタドーレス決勝 1st.Leg の試合中にあった投石について
▲ 決勝 1st.Leg の試合中に興奮して発煙筒を炊いて騒ぐオリンピアのインチャ
先のリベルタドーレス決勝 1st.Leg の試合中に発生した事件について、CONMEBOL(南米サッカー連盟)が調査結果を発表した。インチャ(サポーター)の起こした行動の責任をクラブに求める見込みで、オリンピアには何らかの罰則が科されるようだ。

問題の事件が発生したのは前半27分。コーナーキックを得たアトレチコ・ミネイロはホナウジーニョ・ガウーショがコーナースポットへ向かった際に、スタンドから石やペットボトルが投げ込まれた。幸いホナウジーニョを含めて人に直撃することはなかったが、この出来事に怒ったホナウジーニョは投げ込まれた石を2つ拾って主審に強く抗議したのであった。

同選手の所属するアトレチコ・ミネイロはこの件をCONMEBOLに報告し、連盟側は即日調査に乗り出した。
▲ スタンドでは派手な衣装で胸を露出する美女サポーターの姿も
2日を経て発表された報告書には、石やペットボトルを投げ込んだ者がオリンピアのインチャであることが明記されていた。スタンドへ歩み寄って危険行為を止めるよう諭したエドゥアルド・アランダの行動を称賛する記述もあったが、連盟は一連の危険行為を問題視してオリンピアに罰則を科す方向で調整に入ったという。罰則の内容は明らかになっていないが、おそらく罰金が科される見込みだ。

今回 CONMEBOL が速やかに調査を行ったのは、決勝 2nd.Leg でも似たようなことが行われないよう危険行為を抑止する狙いがあったとみられる。ピッチに異物が投げ込まれる行為は褒められたことではない。問題行動が起こることなく、フェアに試合が行われるべきである。

2013.07.19

★コンメボル・リベルタドーレス2021のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。