CONMEBOL Libertadores 2021コンメボル・リベルタドーレス 2021

明白な誤審で審判団に処分も怒り収まらぬセロ・ポルテーニョ 1st.Legの無効と再試合の要求は通るか

先制ゴールを誤審で取り消されて敗れたセロ・ポルテーニョが試合の無効と再試合を求めてCONMEBOLに書簡を送る
▲ 誤審となった40分の場面。ネネ(画面左下)が最終ラインに戻りきれていなかったのを審判団は見落とした(写真提供:Olé)
7月13日に行われたコンメボル・リベルタドーレスの「セロ・ポルテーニョ × フルミネンセ」で起きた誤審を巡り、敗れたセロ・ポルテーニョが翌14日にCONMEBOL(南米サッカー連盟)に書簡を送った。

前述の試合で発生した誤審は、前半の40分。マウロ・ボセーリのゴールがオフサイドで取り消された場面について、実際はオフサイドでなかった件だ。静止画面では、ボセーリは相手の最終ラインと並列だった。CONMEBOLは翌日になってこの事実を認めて、アルゼンチン人の副審フリオ・フェルナンデス氏と、VARアシスタントを担当したチリ人のセサル・デイスレル氏、そしてVARのチリ人エドゥアルド・ガンボア氏の3人を職務停止処分とした。

しかしそれだけでは納得のいかないセロ・ポルテーニョは、誤審が試合結果をも不公平にしたと主張。フェアプレイの原則に則り、当該試合のキャンセル(無効化)と実施可能な日程での再試合をCONMEBOLに要求した。

この要求が通らない場合、両者の 2nd.Leg は20日にブラジルのマラカナンで行われることになり、セロ・ポルテーニョは2点以上を取ることが勝ち上がりの最低条件となる。

15日現在で、前述の要求に対するCONMEBOLの回答は出ていない。
2021.07.15

★コンメボル・リベルタドーレス2021のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。