Argentina Trofeo de Campeones 2022アルゼンチン・チャンピオンズトロフィー 2022

イエロー10枚、レッド11枚が乱れ飛んだ大荒れの一戦はボカの出場選手が6人になった時点で強制終了

アルゼンチン・チャンピオンズトロフィー 2022 ボカ・ジュニオルス 1-2 ラシン・クルブ
▲ 今年のチャンピオンズトロフィーはラシンが手にした(写真提供:Olé)
11月6日に行われたアルゼンチン・チャンピオンズトロフィー。サン・ルイス州ビジャ・メルセデスで行われた「ボカ・ジュニオルス × ラシン・クルブ」は、ラシンが接戦を制して優勝したが、終了間際に退場者が続出する後味の悪い最後になった。

チャンピオンズトロフィーは、同年のコパ・デ・ラ・リーガ・プロフェシオナル王者とリーガ・プロフェシオナル王者とが対戦するアルゼンチンのカップ戦で、日本で例えるなら「富士フイルム・スーパーカップ」のような大会。今年はラシンとボカの対決となった。

ラシンは3分にガブリエル・アウチェのシュートで攻撃の口火を切ったが、先制したのはボカ。18分、コロンビア代表DFフランク・ファブラのアーリークロスをペナルティエリアでトラップしたアルメニア代表FWノルベルト・ブリアスコが、左足でゴールに流し込んだ。このとき、ブリアスコの胸トラップが左腕に当たっていたかがVARで審議されたが、ハンドは認定されなかった。

▲ 騒動の発端となったカルロス・アルカラス(22番)にレッドカードを提示する主審(写真提供:Olé)
しかしボカのリードは長く続かない。22分、センターサークル付近でドリブルを始めたマティアス・ロハスがゴールまで約28mの距離で左足を振り抜くと、鋭く伸びたボールはキーパーの両手を弾いてゴールネットに突き刺さった。

ボカは29分にコロンビア代表FWセバスティアン・ビジャが左サイドから右足でシュートに及んだが、ボールはわずかに枠を逸れる。対するラシンは31分にガブリエル・アウチェが左からのクロスに頭で合わせたが、叩きつけたボールは枠を捉えられなかった。

後半、ラシンは立ち上がりの48分にアウチェが右足でミドルシュートを打ったが、枠を捉えたボールはキーパーに弾き出される。対するボカは53分に“ポル”ことギジェルモ・フェルナンデスがフリーでヘディングシュートを打つも、ボールはキーパーの正面に飛んでしまいチャンスをものにできなかった。

相手よりもチャンスらしいチャンスを多く作れていたラシンは、70分に途中出場のカルロス・アルカラスがポスト直撃のシュートを打つと、72分には直接フリーキックで決定機を演出した。

▲ 主審がレッドカードを乱発している様子をスタンドから見つめるボカのファン・ロマン・リケルメ副会長。お気に入りのマテ茶を飲む手も止まった(写真提供:TyC Sports)
ボカは後半のアディショナルタイムに右からのクロスをダリオ・ベネデットがトラップし損ねると、ボールはレオネル・ミランダの腕に接触。ベネデットらボカのイレブンはハンドを主張したが、主審はPKを与えず流した。すると直後の95分に、ピッチの一角でコロンビア人同士(セバスティアン・ビジャ、ジョアン・カルボネーロ)による乱闘が勃発。主審は喧嘩両成敗で両者にレッドカードを出すと、直後のセットプレイではクレームをつけたウーゴ・イバーラ監督にもレッドカードを出して退席処分を命じた。同点のまま、ピッチの雰囲気は徐々に殺伐としていく。

延長前半10分には、アニーバル・モレーノの内ももを蹴り上げてしまったアラン・バレーラにレッドカード。すると数的有利を得たラシンは延長後半の終了間際に、ゴンサーロ・ピオービが左サイドから上げたクロスを、カルロス・アルカラスがヘディングでゴールに流し込み、これが決勝点となった。

▲ カルロス・アルカラスの決勝ゴールが決まったあとはレッドカードが乱れ飛んだ(写真提供:TyC Sports)
ところが、決勝点を決めたアルカラスの態度を発端として、ピッチ上で乱闘が始まる。ボケンセ(ボカのサポーター)で埋まるスタンドを見つめながらユニフォームの上を脱いだアルカラスがボケンセのブーイングを煽るかのような態度を取っていると、残り時間があとわずかなのに時間稼ぎをしていることにも苛立ったパラグアイ代表MFオスカル・ロメーロがアルカラスに食ってかかった。するとアルカラスを取り囲んだボカの選手の中から、ニコラス・フィガルがアルカラスの左耳たぶをつまむと、続けてゴンサーロ・サンデスもアルカラスの左耳たぶを掴んだ。チリ代表GKガブリエル・アリアスが静止に入ったが、ボカの複数の選手はアルカラスへの憤りを抑えきれず、追いかけて文句を言うなど、いがみ合いは続いた。

いがみ合いが落ち着くと、VARとの無線連絡を取った主審は、まず騒動の契機を作り出したアルカラスにレッドカードを提示。続けてルイス・アドビンクラ、カルロス・サンブラーノとペルー代表の2人にもレッドカードを出した。

▲ ダリオ・ベネデットの挑発シーンをVARのオンフィールドレビューで確認する主審(写真提供:TyC Sports)
やっとスタッフらがピッチの外に出て、残り少ない時間の試合を再開したが、今度はイバン・ピジューに激しいチャージをお見舞いしたフランク・ファブラに2枚目のイエローカードが出て退場に。さらにはVARのオンフィールドレビューでベネデットが主審を挑発するようなジェスチャーを取っていたことを確認して、ベネデットにもレッドカードを提示した。

ベネデットが退場になった瞬間、ボカのフィールドプレイヤーはキーパーを含めて6人になってしまったため試合終了。ピッチ上で飛び跳ねて喜ぶラシンの選手らを尻目に、ボカの選手やスタッフは審判団に詰め寄って抗議していた。

アルゼンチン・チャンピオンズトロフィー 2022 (2022/11/06)
ボカ・ジュニオルス 1-2 ラシン・クルブ
アグスティン・ロッシ GK ガブリエル・アリアス 
ルイス・アドビンクラ
カルロス・サンブラーノ
(アグスティン・サンデス)
ニコラス・フィガル
フランク・ファブラ
DF ファクンド・ムラ
(イバン・ピジュー)
レオナルド・シガーリ
ゴンサーロ・ピオービ
エウヘニオ・メナ 
アラン・バレーラ
ギジェルモ・フェルナンデス
オスカル・ロメーロ)
ファン・ラミーレス
(クリスティアン・メディーナ)
MF アニーバル・モレーノ
ジョナタン・ゴメス
(レオネル・ミランダ)
(ニコラス・オロス)
マティアス・ロハス 
(エミリアーノ・インスーア)
ノルベルト・ブリアスコ
(ダリオ・ベネデット)
ルイス・バスケス
(ルカ・ランゴーニ)
セバスティアン・ビジャ
FW ガブリエル・アウチェ
(カルロス・アルカラス)
マキシミリアーノ・ロメーロ
ジョアン・カルボネーロ 
ノルベルト・ブリアスコ 18 ゴール 22 マティアス・ロハス 
118 カルロス・アルカラス
ギジェルモ・フェルナンデス
アラン・バレーラ
ニコラス・フィガル
フランク・ファブラ
クリスティアン・メディーナ
イエロー
カード
ガブリエル・アウチェ
エウヘニオ・メナ 
ファクンド・ムラ
レオネル・ミランダ
カルロス・アルカラス
セバスティアン・ビジャ
ウーゴ・イバーラ
アラン・バレーラ
ルイス・アドビンクラ
カルロス・サンブラーノ
ディエゴ・ゴンサーレス
フランク・ファブラ
ダリオ・ベネデット
レッド
カード
ジョアン・カルボネーロ 
カルロス・アルカラス
ジョナタン・ガルバン
ウーゴ・イバーラ 監督 フェルナンド・ガーゴ
主審: ファクンド・テージョ
会場: エスタディオ・ウニコ・デ・ビジャ・メルセデス (ビジャ・メルセデス)
2022.11.06

★リーガ・プロフェシオナル 2022の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第3弾はW杯仕様のプラシャツ 好評発売中!
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第3弾はW杯仕様のプラシャツ 好評発売中!
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。