Campeonato Brasileiro Serie Aブラジル全国選手権 1部

副審はフラッグを上げたが… 矛盾に満ちた判定にセードルフら激怒

ブラジル全国選手権 第7節 グレミオ 2-1 ボタフォゴ
▲ 2ゴールを決めてチームの勝利に貢献したチリ代表のエドゥアルド・バルガス
7月13〜14日に行われたブラジル全国選手権の第7節。ポルト・アレグレで行われた「グレミオ×ボタフォゴ」は、チリ代表FWエドゥアルド・バルガスの活躍でグレミオが勝利を収めた。

試合は前半12分にアレックス・テレスのクロスを、バルガスが左足ボレーでゴールネットに突き刺してグレミオが先制。だがボタフォゴは元オランダ代表クラレンス・セードルフがディフェンス2人をドリブルでかわすと、ペナルティアークの手前から右足でシュート。これがゴール右上に吸い込まれて同点とした。

▲ 副審がフラッグを上げたのにバルガスのゴールを認めた主審に対して詰め寄るクラレンス・セードルフ
この試合の決勝点は物議を醸した。前半34分、右サイドでフリーキックを得たグレミオは、ゴール前でソウザが競ったボールを最後はバルガスが右足で叩き込んでゴールネットを揺らした。しかしこのとき、副審はソウザがヘディングで競った瞬間にクレーベルがオフサイドポジションにいたため、とっさにフラッグを上げた。
ところが副審がオフサイドをとったにも関わらず、主審のパウロ・セーザル・ジ・オリベイラは「クレーベルはボールに関与していなかった」としてバルガスのゴールを有効とするジャッジを下した。
この矛盾に満ちた判定に対してボタフォゴのイレブンが激怒。ニコラス・ロデイロら数人の選手が副審に詰め寄ったが、フラッグを上げたはずの副審はボタフォゴ側のクレームを受け付けない素振りをみせた。セードルフらは主審に詰め寄ったがこの判定が覆ることはなく、バルガスの2ゴールでグレミオが勝利という結果になった。

ブラジル全国選手権 2013 第7節 (2013/07/14)
グレミオ 2-1 ボタフォゴ
ジーダ GK ジェフェルソン
パラ
ウェルレイ
ブレッサン
アレックス・テレス
DF ルーカス
(ジウベルト)
ドリア
ボリーバ
ジュリオ・セーザル
ソウザ
(マテウス・ビテーコ)
アドリアーノ
エラーノ
(マキシ・ロドリゲス)
ゼ・ホベルト
MF マルセーロ・マットス
ヘナット
ニコラス・ロデイロ
(エリーアス)
クラレンス・セードルフ
エドゥアルド・バルガス
(クリス)
クレーベル
FW ビチーニョ
(エンリーキ)
ハファエウ・マルケス
エドゥアルド・バルガス 12
エドゥアルド・バルガス 34
ゴール 19 クラレンス・セードルフ
アドリアーノ
エドゥアルド・バルガス
クレーベル
イエロー
カード
マルセーロ・マットス
ビチーニョ
ヘナット・ガウーショ 監督 オズワウド・ジ・オリベイラ
主審: パウロ・セーザル・ジ・オリベイラ
会場: アレーナ・ド・グレミオ (ポルト・アレグレ)
2013.07.14

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。