CONMEBOL Libertadores 2021コンメボル・リベルタドーレス 2021

リベルタドーレスとスダメリカーナのグループ組み合わせ決定 COVID-19蔓延も国際大会実施に懸念なし

リベルタドーレス2021のグループリーグ組み合わせ抽選会とスダメリカーナ2021の2次ラウンド組み合わせ抽選会
▲ 2021年4月9日にパラグアイのルケで行われたリベルタドーレスとスダメリカーナのグループリーグ組み合わせ抽選会。COVID-19のパンデミックにより、出場クラブの代表者はリモートでの抽選会参加となった
4月9日、パラグアイの首都アスンシオンの近郊都市ルケにあるCONMEBOL(南米サッカー連盟)にて、リベルタドーレスとスダメリカーナの組み合わせ抽選会が行われた。

ルケにあるCONMEBOL本部のコンベンションセンターでは通年、各クラブの代表者を招待して華やかな抽選会が開かれるが、今年はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミックにより代表者不在で抽選会が粛々と進められた。

通常は出場クラブの代表者がルケの抽選会場に集結するが、昨今のCOVID-19による感染防止策としてリモートでの出席となった。

そして、ここにきて深刻なのがブラジル国内での感染再爆発。3週以上前からロックダウン状態のサンパウロ州に加えて、リオ・グランジ・ド・スウ州でもスポーツの公式戦中止が決定。それに留まらず、首都ブラジリアでも8日に事実上のロックダウンが決定・発表された。前年のリベルタドーレス王者とスダメリカーナ王者とが対戦する「コンメボル・レコパ」は4月14日にサンパウロで開催できない事情を踏まえ、首都ブラジリアでの代替開催が内定していたが、このままだと別の開催都市に変更するか、ないしは順延せざるをえない事態になっている。

そんなブラジルからは、サンパウロ州からパウメイラス、サンパウロ、サントスの3チームが今季のリベルタドーレスに出場。ホーム&アウェイの原則が遵守されるか不透明な情勢は続くが、CONMEBOLが当初予定していた通り、リベルタドーレスとスダメリカーナの抽選会は進行された。

まずはリベルタドーレス。激戦のグループは、昨年の南米王者(パウメイラス)と昨年のスダメリカーナ王者(デフェンサ・イ・フスティシア)が組み込まれたグループAになったか。しかし他にも、リーベル・プレート、インデペンディエンテ・サンタフェ、フルミネンセが同組になったグループD、フラメンゴとリーガ・デ・キト、そして最近国内で好調なベレス・サルスフィエールなどが集結したグループG、そしてグループHがなどが同組になったグループなども厳しい戦いが予想される。

次にスダメリカーナ。激戦のグループで特筆するところはなく、どのグループも拮抗した厳しい戦いになりそうだ。

2021年のリベルタドーレスとスダメリカーナのグループリーグ組み合わせについては、以下の関連記事リンクより参照あれ。
2021.04.09

★コンメボル・リベルタドーレス2021のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。