CONMEBOL Libertadores 2021コンメボル・リベルタドーレス 2021

ボカの先制ゴールをVARで取り消した主審らに処分 VAR担当のパラグアイ人は翌日の担当を外される

リベルタドーレスの「ボカ・ジュニオルス × アトレチコ・ミネイロ」で誤審に関与した主審らに処分が下る
▲ 試合後にディエゴ・ゴンサーレスのノーゴール判定についてボカのミゲル・アンヘル・ルッソ監督は主審に抗議した(写真提供:Olé)
7月13日に行われたコンメボル・リベルタドーレスの「ボカ・ジュニオルス × アトレチコ・ミネイロ」で、ボカのディエゴ・ゴンサーレスが決めたヘディングシュートがVARチェックの末にノーゴールとされた件について、CONMEBOL(南米サッカー連盟)が関与した主審らに処分を下した。

疑惑の場面は、33分。右からのクロスをナタン・シウバが頭でクリアしきれず真上に浮いたボールをヘーベルもクリアしきれず、空中のボールをディエゴ・ゴンサーレスが頭でゴールに押し込んだ。ボカが先制したかに思われたが、主審はVARのオンフィールドレビューをした上でノーゴールとした。理由は、ナタン・シウバがヘディングする直前に背後からノルベルト・ブリアスコが両手でナタン・シウバの背中を押していて、これがファウルとみなされたゆえのノーゴールだった。この試合の結果は 0-0 のスコアレスドローとなった。

前述の場面は物議を醸し、コロンビア人主審のアンドレス・ホセ・ロハス・ノゲーラ氏が批判の矢面に立たされたが、主審より重い責任を負っているのは、VARを担当したパラグアイ人のデルリス・ロペス氏。同氏は主審も気づかなかった疑わしいプッシングをオンフィールドレビューで確認するよう主審に促したとみられ、翌14日の「デフェンサ・イ・フスティシア vs フラメンゴ」でもVARを担当する予定だったが、この件が理由で担当を外されている。

ボカは 2nd.Leg の審判団について、人選を慎重にするようCONMEBOLに要求。今週のリベルタドーレスでは他にも「セロ・ポルテーニョ × フルミネンセ」戦で明らかな誤審があって審判団が処分されるなど、レフェリーの不祥事が相次いでいる。
2021.07.15

★コンメボル・リベルタドーレス2021のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。