Torneo de la Liga Profesional de Fútbol de AFA 2021トルネオ・デ・ラ・リーガ・プロフェシオナル 2021

成績不振が理由 ボカがルッソ監督を解任して後任にはBチームを率いているバタグリア氏を起用

ボカ・ジュニオルスがミゲル・アンヘル・ルッソ監督を解任
▲ 成績不振を理由にボカから解任されたミゲル・アンヘル・ルッソ元監督(右)(写真は2021年7月13日のもの)(写真提供:Olé)
アルゼンチンの名門ボカ・ジュニオルスは17日、ミゲル・アンヘル・ルッソ監督の解任を発表した。理由は成績不振で、後任には40歳のセバスティアン・バタグリア氏とも発表している。

ボカは2020年1月にルッソ監督を13年ぶりに招聘して、アルゼンチンがコロナ禍に見舞われる直前の国内リーグでボカを優勝に導くなど手腕を発揮。パンデミックの最中に再開された2020年のリベルタドーレスでは準決勝でサントスに敗れて敗退したが、ディエゴ・マラドーナ氏が亡くなった2ヵ月後には国内カップ戦(コパ・ディエゴ・マラドーナ)を優勝するなど、一定の成績は残していた。

しかし、その後はリベルタドーレスのアトレチコ・ミネイロ戦で疑惑のノーゴール判定もありベスト8にも勝ち上がれず敗退すると、今季の国内リーグでは4分2敗と未勝利。15日のエストゥディアンテス戦でも敗れたことが、解任の引き金になった。エストゥディアンテス戦の直後に開かれた評議会では、ファン・ロマン・リケルメ副会長ら複数の幹部から監督を代えるべきとの声が上がり、結論に至った模様。ここ数週間は、サポーターの間でもルッソ解任論が出ていたという。

後任には、ひとまずボカのBチームで監督を務めている元アルゼンチン代表MFセバスティアン・バタグリア氏に2021年12月まで指揮してもらうことになり、ボカは翌年を任せられる監督人事にも着手すると現地では報じられている。

◆ ミゲル・アンヘル・ルッソ

生年月日:
1956年4月9日生まれ(
出身:
アルゼンチン(ブエノスアイレス州ラヌース)
ポジション:
ミッドフィルダー (現役時代)

1975年にエストゥディアンテスでデビューすると、1982年と翌83年の優勝に貢献。アルゼンチン代表でも活躍したが、頻発した負傷の影響もあって1986年のワールドカップ優勝にはメンバーとしてマラドーナらと喜びを共有できなかった。1989年に引退してすぐに故郷のラヌースで監督を始めると、以降はアルゼンチン国内のクラブを中心に、チリやスペイン、メキシコなどのクラブチームを歴任。2005年にはベレス・サルスフィエールを国内リーグ優勝に導くと、2007年にはボカ・ジュニオルスをリベルタドーレス優勝にも導いた。2017年にはミジョナリオス(コロンビア)を国内リーグ優勝に導いている。2020年にボカの監督に再任されたが、2021年8月17日に成績不振で解任された。元アルゼンチン代表。

◆ セバスティアン・バタグリア

本名:
セバスティアン・アレハンドロ・バタグリア
生年月日:
1980年11月8日生まれ(
出身:
アルゼンチン(サンタフェ)
ポジション:
ミッドフィルダー (現役時代)

1998年にボカ・ジュニオルスの下部組織からトップチームに昇格すると、2003年まで主力として活躍。2004年にビジャレアル(スペイン)に渡ったが、十字靱帯の負傷などもあって翌2005年にはボカに戻った。2013年に引退後、2017年にアルマグロで監督としてのキャリアをスタート。2021年はボカのBチームを指揮していて、このたびトップチームを率いることになった。元アルゼンチン代表。

2021.08.17

★トルネオ・デ・ラ・リーガ・プロフェシオナル 2021の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。