Campeonato Brasileiro Serie A 2021ブラジル全国選手権 1部 2021

アトレチコ・ミネイロが堅実に勝って首位独走態勢に 61分にはフゥキとジエゴ・コスタの2トップも実現

カンピオナート・ブラジレイロ 2021 第20節 フォルタレーザ 0-2 アトレチコ・ミネイロ
▲ 68分にヘディングシュートを決めたパラグアイ代表DFジュニオール・アロンソ(左)は、コーナーキックを蹴った“ナチョ”ことアルゼンチン代表MFイグナシオ・フェルナンデスの元に駆け寄る(写真提供:Lance!)
9月11〜13日に各地で行われたカンピオナート・ブラジレイロの第20節。セアラー州の州都フォルタレーザで行われた「フォルタレーザ×アトレチコ・ミネイロ」は、アトレチコが勝利を収めた。

フォルタレーザは14分にルーカス・クリスピンが左足で直接フリーキックを放ったが、枠を捕らえたボールはキーパーのファインセーブに遭う。35分にはデイビッジがフィニッシュに持ち込むと、前半のアディショナルタイムには左サイドを崩したブラジル代表MFルーカス・リーマが折り返したボールがキーパーのファンブルを誘ったが、ルーズボールを拾ったホビソンはゴールエリアで体勢を崩して枠に蹴れなかった。

0-0 で迎えた後半。アトレチコ・ミネイロは立ち上がりの48分に“ナチョ”ことアルゼンチン代表MFイグナシオ・フェルナンデス、ブラジル代表FWフゥキとつないだボールをチリ代表FWエドゥアルド・バルガスがペナルティエリアで受けると、バルガスはシュートフェイントを入れてパスを選択。ゴールエリア付近にいたアルゼンチン代表MFマティアス・サラーチョが右足でゴールに押し込み、先制した。

アトレチコ・ミネイロは61分にスペイン代表FWジエゴ・コスタを投入して、フゥキとの2トップを形成。すると68分には、コーナーキックでニアに飛び込んだパラグアイ代表DFジュニオール・アロンソが、ヘディングでキーパーの左手を弾くシュートを決めてリードを広げた。

フォルタレーザは選手交代も試合の流れを変えるには至らず。勝ったアトレチコ・ミネイロは再び首位独走態勢にした一方、敗れたフォルタレーザは4位に後退した。

カンピオナート・ブラジレイロ 2021 第20節 (2021/09/12)
フォルタレーザ 0-2 アトレチコ・ミネイロ
フェリッピ・アウベス GK エベルソン
チンガ
マルセーロ・ベネベヌート
チチ
DF マリアーノ
(グーガ)
ナタン・シウバ
ジュニオール・アロンソ
ギリェルミ・アラーナ
エデルソン
マテウス・ジューザ
(マテウス・バルガス)
イアゴ・ピカシュウ
(エジーニョ)
ルーカス・リーマ
(ホマリーニョ)
ルーカス・クリスピン
MF アラン
ジャイル
(ヘーベル)
マティアス・サラーチョ
イグナシオ・フェルナンデス
(ナタン)
ホビソン
(イゴール・トーレス)
デイビッジ
(ウェウリントン・パウリスタ)
FW エドゥアルド・バルガス
(ジエゴ・コスタ)
フゥキ
(ケーノ)
ゴール 48 マティアス・サラーチョ
68 ジュニオール・アロンソ
チンガ イエロー
カード
マリアーノ
ジャイル
ファン・ボイボーダ 監督 クッカ
主審: ブラウリオ・ダ・シウバ・マシャード
会場: アレーナ・カステロン (フォルタレーザ)
2021.09.12

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。