Copa América 2021コパ・アメリカ 2021

M.モレーノに2万ドルの罰金などの制裁決定 再度批判した場合は1年間の国際試合出場停止処分も

コロナ禍でコパ・アメリカ開催に踏み切ったCONMEBOLを批判したボリビア代表FWマルセーロ・モレーノに制裁
▲ SNS上でCONMEBOL(南米サッカー連盟)への批判をしたとされるボリビア代表FWマルセーロ・モレーノ(右)には、CONMEBOLから厳しい制裁が科された。 (写真提供:AP)
CONMEBOL(南米サッカー連盟)は18日、Instagram で同連盟を批判したとされるボリビア代表FWマルセーロ・モレーノに対する制裁内容を発表した。

FBF(ボリビアサッカー連盟)が発信した twitter によれば、同選手には今大会のコパ・アメリカで1試合の出場停止処分と、2万ドル(日本円で約220万円)の罰金が科されたとのこと。さらに、同様の批判が再度あった場合は、1年間の国際試合出場停止処分という追加制裁まで盛り込まれた。

マルセーロ・モレーノは、15日に自身の Instagram で「CONMEBOLのせいで人が死んだら、連盟はどんな責任をとれるというのか。奴らが重視しているのはカネだ。選手の人生には何の価値もないのか?」と投稿。その数時間後に削除されたが、南米大陸の現地メディアで記事になったことで世界中にも拡散され、結果的にCONMEBOLを怒らせる事態に陥った。

後日、同選手は投稿が自分自身で行ったことでなく、身近な担当者が自分の意図を誤解して投稿したと弁解。その上で謝罪もしたが、CONMEBOLは許さなかった。ボリビア代表のセサル・ファリアス監督は、本件に関して同選手への寛大な措置を求めていたが、投稿内容を擁護する声もCONMEBOLには受け入れられなかったようだ。

ブラジルの保健省は17日に、コパ・アメリカにおける選手やスタッフなど関係者の陽性者数が66に増えた旨を発表している。

◆ マルセーロ・モレーノ

本名:
マルセーロ・マルティンス・モレーノ
生年月日:
1987年6月18日生まれ(33歳)
出身:
ボリビア(サンタ・クルス・デ・ラ・シエーラ)
身長:
187cm
ポジション:
フォワード

1970年代にパウメイラス(ブラジル)で活躍した人のボリビア人の父マウロ・マルティンス氏とブラジル人の母フチ・モレーノとの間にボリビアで生まれたが、U-17、U-20ではブラジル代表でプレイした過去も持つが、A代表では父の母国ボリビアを選択した。2003年にオリエンテ・ペトロレーロでデビューすると、2005年にはビットーリア(ブラジル)に渡り、2007年にはクルゼイロ(ブラジル)へ移籍。2008年にシャフタール・ドネツク(ウクライナ)に渡り、その後ドイツやイングランドでは水が合わなかったものの、2012年にグレミオ(ブラジル)への加入で南米大陸に戻ると再びゴールを量産するように。2014年には古巣クルゼイロに戻って、ヒカルド・ゴウラー、エベルトン・ヒベイロらとともにブラジレイロン連覇の立役者となった。2015年からは中国スーパーリーグに活躍の場を移したが、2020年にはブラジレイロンでセリエB(2部)に降格した古巣クルゼイロに再度戻った。ボリビア代表の歴代最多ゴール数を誇る、絶対的なストライカー。南米大陸では選手名の表記が統一されておらず、ボリビアなどスペイン語圏では父の名字で「マルセーロ・マルティンス」と表記されるが、ブラジルでは母の名字で「マルセーロ・モレーノ」と表記される。当サイトでは後者を選択。

2021.06.18

★コパ・アメリカ 2021 ブラジル大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

★コパ・アメリカ 2019 ブラジル大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

★コパ・アメリカ・センテナリオ 2016 U.S.A.大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

★コパ・アメリカ 2015 チリ大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。