FIFA World Cup 2022FIFAワールドカップ 2022 カタール大会

コスタリカを C0s7a Rica と揶揄したホンジュラス紙も 中米諸国が発したバッシング記事には容赦なし

スペイン戦で 0-7 と歯が立たなかったコスタリカ代表を中米諸国の報道機関はこき下ろし
▲ コスタリカの 0-7 大敗を揶揄して o を 0 、t を 7 に替えた「C0s7a Rica」を記事のタイトルにしたホンジュラスの大衆紙「diez」(写真提供:diez)
23日のスペイン戦で 0-7 の大敗を喫したコスタリカ代表に対しては、哀れむ声もある一方、容赦なくバッシングする報道も存在する。とりわけ辛辣なのが、コスタリカの近隣諸国だ。

ホンジュラスでは、大衆紙「Diez」がコスタリカの 0-7 大敗を揶揄して o を 0 、t を 7 に替えた「C0s7a Rica」を記事のタイトルにして記事を掲載。0-7 でスペインに大敗したコスタリカに対する侮辱である。

そして、南米大陸にもほど近いパナマのスポーツチャンネルで活躍するジャーナリストのホセ・アンヘル・ロドリゲス氏は、コスタリカ代表を次のようにこき下ろした。

「コスタリカの結果は残念だった。今のパナマ代表であれば、スペイン相手に7失点もなかった」

▲ スペインにゴールを決められ続けてうつむくコスタリカ人男性(写真提供:Marco Monge)
「パナマの守備はもっと機能できているから、スペインと戦っても7点も奪われることはない」

ロドリゲス氏はまた、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスを公然と批判。

「彼は複数の失点場面で、過失を免れない。リーグ・アン(フランス1部リーグ)でデビューしていない試合勘のなさが、大一番で露呈した」

世界中の笑いものにされた感も否めないコスタリカ代表だが、近隣諸国を見返すことは可能なのか。見返せる方法は、結果で示すしかない。
2022.11.23

【コンテンツページ】FIFAワールドカップ2022 カタール大会

藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第3弾はW杯仕様のプラシャツ 好評発売中!
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第3弾はW杯仕様のプラシャツ 好評発売中!
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。