Football Newsその他のニュース

ジーコ新会長を推奨するセードルフ 「フットボールの世界は病んでいる」

元オランダ代表MFクラレンス・セードルフが語ったFIFAの次期会長人事
▲ サッカー界に苦言を呈した元オランダ代表MFクラレンス・セードルフ
南米スリナム出身の元オランダ代表MFクラレンス・セードルフは、次期のFIFA会長選に元日本代表監督のジーコ氏を推している。そこにはセードルフ自身の明確な信念があるようだ。

アヤックス・アカデミーにいた同期にパトリック・クライフェルトやレミー・ボンヤスキーらがいた中で「アヤックス・アカデミーの最高傑作」とまで称されたセードルフは、その後レアル・マドリーやミランなどビッグクラブで活躍。2012年からは妻の母国であるブラジルの名門ボタフォゴで中心選手として活躍したが、2014年1月にミランの監督就任の打診を受けたのを機に現役生活に終止符を打った。

FIFAの次期会長選についてはミシェル・プラティニ氏らが不祥事により2016年2月に行われる予定だった選挙に立候補できないことが判明しており、代役の擁立は兼ねてから叫ばれていた。ジーコ氏が立候補すれば、当面の問題は解消へと向かうが…。

セードルフはサッカー界を“病んでいる”と表現し、根本的な改革の必要性を唱えた。

「フットボールの世界は病んでいる。内部にいればそれはわからないだろう。この状況を打破するためには根底からの改革が必要だ。ジーコはクリーンな人間で、彼が擁立されれば諸々改善されるだろうし、そう願いたい」

果たして、セードルフの願いは実現するのか。

2015.10.11

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。