Selección Nacional de Ecuadorエクアドル代表

若きストライカーの急逝にペルー国内も悲痛 エクアドルに弔辞を送る

エクアドル代表FWクリスティアン・ベニーテスが27歳の若さで他界
▲ 心臓発作により27歳の若さで他界したクリスティアン・ベニーテス。W杯南米予選では得点ランキングの上位につけていた
エクアドルが誇る点取り屋のクリスティアン・ベニーテスが29日、死去したことが発表された。享年27という、あまりにも若すぎる死であった。

1986年5月1日にエクアドルの首都キトで生まれたクリスティアン・ベニーテスは、10代からその才能を開花。20歳の頃には所属のクルブ・デポルティーボ・エル・ナシオナルをリーグ優勝に導いたと同時に最優秀選手に選出された。2007年からはサントス・ラグーナ、クルブ・アメリカなどメキシコで活躍。期限付き移籍によりバーミンガム・シティ(プレミアリーグ)でもプレイした。

エクアドル代表には、ユース時代を含めて2005年から招集。2014年のブラジルW杯出場権を賭けた南米予選でも4ゴールを挙げて、得点ランキングの上位に名を連ねていた。

クルブ・アメリカでの活躍を受けて興味を持ったカタールのアル・ジャイシュ・ドーハに今夏加入することが発表され、これからカタールでの活躍が期待されていた矢先の突然死だけに、エクアドル国内には衝撃が走った。

同選手の死亡が発表されたのは7月29日。同選手の代理人の発表によると、死因は心臓発作とのことだ。エクアドル代表選手も皆、チームメイトの急死を受けて悲しみに包まれているほか、周辺各国からもエクアドルに対して続々と弔辞が送られている。隣国ペルーのサッカー協会から送られた弔辞は以下の通り。
「クリスティアン・ベニーテスという、選手としても人間的にも偉大な人物を失った悲しみは計り知れない。彼がサッカー界にもたらしてくれたすべてに心から敬意を表するとともに、哀悼の意を表します」

2013.07.29

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。