Copa América 2024コパ・アメリカ 2024

エクアドルが2024年の開催国の辞退を表明 新たな開催国候補はペルー? コロンビア? それとも…

2024年のコパ・アメリカ開催国について
▲ 2024年のコパ・アメリカはエクアドルで開催される予定だったが、EFEのフランシスコ・エガス会長が辞退を発表した(写真提供:AP)
2024年のコパ・アメリカで開催国として内定していたエクアドルが突如、辞退するとの声明を出した。

FEF(エクアドルサッカー連盟)のフランシスコ・エガス会長が公式声明として発表したもので、これによりCONMEBOL(南米サッカー連盟)は開催国の選び直しを余儀なくされることになった。

エクアドルは元々、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミックで国内が混乱していた2021年5月に、2024年大会の開催国に選ばれた。当時のエガス会長は「インデペンディエンテ・デル・バージェの新スタジアムは“美しい宝石”であり、エクアドルのサッカー界は地道に進化している」と胸を張っていた。そして先のリベルタドーレス決勝では「フラメンゴ vs アトレチコ・パラナエンセ」の開催を成功させるなど、国際大会も問題なく運営できていた。

ところがラジオ・ラ・レッドのインタビューに応じた同会長は9日、「我が国はコパ・アメリカを運営できない」と発言。そして「今日、我が国は国民全員に関係する困難な問題に直面し、そこに資源を集中させなければならなくなった。これは優先事項であり、サッカーより大事」とコメント。辞退の理由を曖昧な表現で収めて、詳細を明かさなかった。

エクアドルはこれまでに三回コパ・アメリカの開催国を務めた。初回は1947年で、二度目は1959年12月に開催。このときは同年にアルゼンチンでも開催されていて、エクアドル開催のほうはトロフィーの授与はなかったものの、エキストラバージョンとしてCONMEBOLが認定(ちなみに優勝はウルグアイ)。そして1993年に複数都市での開催を成功させていた。

エクアドルの決定を受けて、南米の報道ではペルーが候補として挙げられているほか、「コロンビアは?」といった意見も出ている。

思えば、コロンビアとアルゼンチンの共催で行われる予定だった2021年大会は、COVID-19のパンデミックにより1年延期になった挙げ句、直前になってパンデミックの収まらないコロンビアとアルゼンチンが揃って辞退。すると突然ブラジルでの開催になったドタバタ劇があった。2024年大会の開催国は、計画的に決まるのか。
2022.11.12

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
藤坂ガルシア千鶴著 ディエゴを探して Amazon/全国書店にて好評発売中!(Kindle版あり)
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」第2弾 販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第3弾はW杯仕様のプラシャツ 好評発売中!
GoleadorとGoleadorが手を組んだ!第3弾はW杯仕様のプラシャツ 好評発売中!
▼ 最新ニューストピックス
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Goleador の編集長が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。